北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十一話


テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十一話

 軍記物として標準的なレベルにあるお話かな。サクヤが疑われて投獄されるのも妥当な展開、拳王様が器量を発揮して不問に処すことも考えられないではないが、ああいうのは軽々しくやると拳王様が馬鹿に見えそうなので、沈黙は金、拳王様が黙っておられた方が穏当だっただろう。
 袋を託して云々、というのは、サクヤを賢そうに見せることには成功しているが、ソウガが軽率に見え、またサクヤが何を目的にして計を託したのかが不明瞭、但し前もって「愛故に」とか申しているので、女故の意地悪かな、投獄された腹癒せに少しお茶目しちゃいました、といった感じに見えた。

テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十一話 ......の続きを読む

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.