北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
週刊コミックバンチ 2008 NO.39


週刊コミックバンチ 2008 NO.39

●『北斗の拳 トキ外伝 銀の聖者』

 ゼンギョウがコウリュウのことを知らせに来る件、絵で見ると違うエピソードに見えるが、史書に記されるとすると、どちらが事実であろうと、どちらのエピソードでも同じように記されるだろうなぁ、という巧いやり方、火縄吸っちゃう信長を描いていた人とは思えぬ素晴らしい改変。
 よく世間には本を読み慣れてない連中が居て、あとから出て来たエピソードが先行するエピソードと少しでも違うと、やれ矛楯だ、冒涜だ、死ねだと騒ぎよるが、歴史資料なんかを読み慣れていると、史料によって記述が矛楯することくらい日常茶飯事で、異説は異説として頭に入れて「およそこういうことがあったのだな」と理解出来る。外伝なんだから、これくらいの気構えで読めないとね。その意味でも、今回のやり方は巧い。

 リンの御説教はアニメ版のイメージがあると「どの口が抜かす」という感じだが、あの年頃の女の子…という目で見ると、原作よりそれらしい感じがする。あのくらいの年頃の女の子なら、あれくらいの説教はするよな。矢張り女作家は女の描写が巧い。なに照れてんだ、ルカ。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.