北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
週刊コミックバンチ 2009 No.20


週刊コミックバンチ 2009 No.20

 『全能のノア』読んで『トータル・リコール』思い出した。第一話が設定説明に終始せねばならないような作品が餘り好きではない。はじめる前にシステムの説明を長々されるゲームも同じ。さっと読んでスッと入れるのがいいなぁ。

『義風堂々!! 直江兼続 前田慶次 月語り』

 景虎が悪役になるのは当り前なんだけど、もう少し意外性が欲しかったなぁ。でも奴隷制度なんかから逃げない姿勢は立派。
 この後、謙信は柴田勝家を蹴散らして上杉の精強を見せつけた後に急死、天下の夢が宙ぶらりんになった状態で御舘の乱がおこり、なんとか景勝が勝利するも天下の望みは潰える、という展開になるわけだが、これは別段工夫しなくても面白そうだなぁ。謙信の勝たせ方と死なせ方が味噌だね。茂助の仇討の経緯がよかったので信じていいよね。

『北斗の拳 レイ外伝 蒼黒の餓狼』

 なんだよリマ、生きてんのかよ、しまらねーなー、猫井さんにはガッカリしたぜ、この何週か誉めてたらこれだよ、だから同人出身はアレなんだ。
 然も聖闘殿みたいな新設定が出て来て盛上がる処の筈なのに、餘りに唐突でちっとも盛り上がれねぇよ。レイが無策にしか見えないのが問題だし、拳王様聖帝以下みんなが来てるのはいいのだけど、レイを倒すくらいで最強を競わてもね、ラオウ様やサウザーにしたら「このオッサンなに云ってんの?」って感じじゃないか?
 然もこの後ロフウ、どうせ負けちゃうんでしょう、ということはロフウはラオウ様の足元にも及ばんことになるよね、この後ラオウ様はレイを倒しちゃうんだから。だいたい嫁に顔切刻まれてやがんの。最初出て来た時は良かったのに、どんどん小物化していくよね、ロフウ、美勇団を倒した時がピークだったね。
 それにこの時ラオウ様とレイってば顔合わせてるわけじゃない、名乗りはしなくてもさ。レイめ、どんだけ目が悪いのか。お前シュウやボルゲの次に見えてないだろ、アイリよりマシな程度で、赤鯱よりも目が悪いんじゃないか。この時居ただろ、どうして忘れる!
 きっと最終回が近いのに、ちっとも盛り上がれないまま終りそうだ。どうすんだよ、これ、ユウ様の人柄と台詞回しも変っちまってるしさ、どうすんのよ、これ。
 嗟乎、早く『北斗の拳 ジャギ外伝 極悪ノ華』の続きが読みたい。アタシ、ジャギが好き。アンナの気持ちがよく判るよ…。アンナ、よく五年も待てたなぁ。儂、二週でもう恋しくなってるよ。

Comment List

にくすかんぱーな

2009.04/18,(土)19:19 edi/del

>レイめ、どんだけ目が悪いのか。
象みたいな巨馬に乗った巨漢ですから、一目見れば忘れないとは思いますね。レイの実力は拳王さまを馬上から降ろせない程度ですから、ロフウの最強という言葉に小者さがつきまといます。

拳王さまは水影心で南斗水鳥拳をパクりにきてるだけじゃ…というよりこの状況、南斗側にサウザー様がおられないと拳王さまは南斗の将を全滅させる恐れが…。みなさん なんと(せいて)くん に感謝!!

シンは直傍にユリアとラオウがいる複雑な状況、内心ハラハラかな…。

山本先生原作漫画は、まるで少年マガジンあたりのお色気担当漫画みたいですね。

愛忍者 URL

2009.04/18,(土)22:49 edi/del

>少年マガジンあたりのお色気担当

 大正解。ボーイズビーの人だよ。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.