北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
週刊コミックバンチ 2009 No.31


週刊コミックバンチ 2009 No.31

 山本会長、ほんとにこれの何処が面白いんですか?

『義風堂々!! 直江兼続 前田慶次 月語り』

 斎藤実盛って確か若々しく戦う為に白髪頭を黒く染めた人だったっけ。平家物語だから木曾義仲と戦ったんだよね。木曾義仲の最期は項羽の模倣で、項羽はラオウ様のモデルのひとりなんだぜ。

『北斗の拳 レイ外伝 蒼黒の餓狼』

 なんか恰好だけ取り敢ず盛上げた、という感じで、実がないなぁ、リンレイ様の件が唐突すぎて儂にゃあ理解出来ないぜ。
 それにこの時点で義星の宿命に目覚めちゃケンシロウとの出会いに意味がなくなるだろうに、何やってんだろうね、ほいで原作から安易にサウザーを傷つけたシュウの蹴技を持ってきて、もう猫井さんにはがっかりだよ。
 あと最後のページで超常現象おこってんですけど、二段ジャンプて、『ドラゴンバスター』かい、ナムコかい、カブト割りですかい。『るろうに剣心』でも雪代縁がやってたけど、あの瞬間とてもがっかりしたことを憶えている。ありゃ駄目だったなぁ。
 この二段ジャンプも原作の安易な模倣なんだよね。どうせ飛翔白麗でしょ? 空中で出来るなら、なんでユダの時は水面でやったんだい、空中で出来るならあの状況でも困らんだろうがっ!

Comment List

にくすかんぱーな

2009.07/04,(土)00:37 edi/del

>二段ジャンプて、『ドラゴンバスター』かい
私はSFCの「らんま1/2」を思いだしました。二段階JUMPで空中でピョンピョン、原作でそんな動きした人いないけど。

>シュウの蹴技
リマにも使ったし、レイがよく南斗白鷺拳を使用しますね。

>飛翔白麗
これは間違いなさそうです…。

>それにこの時点で義星の宿命に目覚めちゃケンシロウとの出会いに意味がなくなる

この時点でレイが愛で拳を振るい始めると拳王さまとの戦いで

「俺は一度人間としての自分を捨てた男だ、アイリお前の救出のためだけに生き、世を呪い時代を憎んだ!だが俺はケンに出合った。トキそしてマミヤ、リン、バットお前達に。お前達は飢えて乾いた狼のような俺の心に安らぎを与えてくれた。俺は人間に戻ることが出来たんだ。」

っと言ってた意味がなくなるので、ユウさまが殺されてしまい再び絶望するのでは・・・(汗)

ギャラリーが決着前に続々と帰りだしたら大した戦いじゃないみたいじゃないか…

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.