抹香臭い話ね

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
究極奥義「無想転生」の仏教思想的根拠

 北斗神拳究極奥義「無想転生」の理論的根拠を仏教に求めて考察、解説してみました。


究極奥義「無想転生」の仏教思想的根拠

 北斗神拳究極奥義「無想転生」は凄まじい奥義である。先づ意味が判らない。そして効果もよく判らない。故にゲームでは単なる無敵時間として表現され、或いは分身のように扱われてきて、その理論的根拠を吟味されたことは殆どなかった。
 処が『蒼天の拳』『真世紀末救世主伝説 北斗の拳』の関連で北斗神拳が仏教、特に密教と深く結びついていることが公式に認められ*1、物理的実現可能性は不明ながら、無想転生の理念的、観念的根拠については仏教思想で説明出来るようになった。

究極奥義「無想転生」の仏教思想的根拠 ......の続きを読む

aside

*1
儂の周囲では1998年頃から当り前に論じられていたが。

Comment List

にくすかんぱーな

2010.06/10,(木)19:23 edi/del

>ユリアに拠って「愛」と「哀しみ」を知ったラオウ様は謂う。「もう 天など/どうでも/よい!」「いや/おれが望んだ/天とは きさま/だったのかも/知れぬ!!」(JC:15:124)。そう、「どうでも/よい!」だ。ラオウ様は「空」の境地に至った。だから「無想転生」をお修めになることが出来た。

なぜ北斗神拳が英雄の守護拳なのかが分かりますね。北斗神拳伝承者は北斗神拳を極めれば『空』となり『愛』を知る。

逆に考えれば、空となって欲望すらも失い、愛に生きるのでは、国家の統治者には向かないと思います。

自らの欲望を捨てているからこそ、凶悪な暗殺拳を自らの欲望で使用せずに済む。誰かのためにのみ使用できる。自らが『英雄』になってしまったら、自らのために凶悪な暗殺拳を使わなくてはならなくなる。

そのあたりが北斗神拳を、『英雄になる拳』ではなく『英雄を守護する拳』にさせた由縁かも知れませんね。

>つまり相手の主張の反対を主張してみて相手の過失を暴くやり方である。いうなれば「水影心」みたいなものだ。そう、ナーガールジュナは「水影心」を使うのだ。いや、「無想転生」を使うのだ。そりゃ無敵の筈だ。

言葉の魔術師みたいな人ですね。言葉の戦いにおいて無想転生を心に、口から水影心を繰り出すような、偉人さん。

根源的には、無双転生と水影心はおなじ意味で、ある意味ではどちらか過程、ある意味ではどちらかが結果、くるくると無限に回るメビウスの輪……ちょっと言葉で遊んでみる(笑)


>北斗の拳4 七星覇拳伝 北斗神拳の彼方へ』の最初のボス、「ジャキさま」の元部下デカン

これはもう、北斗の拳4こそ北斗の真理にもっとも近づいたゲームだと言っても過言ではないのでしょうか(笑)

愛忍者 URL

2010.06/10,(木)23:17 edi/del

>英雄

 因みにナーガールジュナの名は

ナーガ:蛇、龍
アルジュナ:樹木の名、或いは英雄の名

 を合成したもので、漢訳で「龍猛」とされることもあります。直訳すると「龍の英雄」。

>言葉の魔術師

 現に魔術を使えたという伝承もあるし、帰謬法も「絶対に負けないから」という理由で後のインド弁論術では禁じ手にされてるんですよ。つまりインド弁論術究極奥義。

にくすかんぱーな

2010.06/11,(金)01:00 edi/del

>因みにナーガールジュナの名は

>ナーガ:蛇、龍
>アルジュナ:樹木の名、或いは英雄の名

龍の英雄ですか………五爪の龍……まさか、あの龍の正体は、かつて英雄だった者か!!

あるいはナーガールジュナその人か!

などと考えてみる。

>帰謬法も「絶対に負けないから」
学べばカルト教団を創設して一儲け……(ごめんなさい)

でも霞兄弟なら闘えそう、話していても論点がかみ合わず、すぐ「なにそれ!? ○○は関係ないよ?」と言うから、あまり会話ならないけど。

>現に魔術を使えたという

ちなみに、私は『ナーガールジュナ』と聞いて、おっぱいが大きな魔術師を思い浮かべました。トゲトゲのショルダーガードを装備して高笑いする人です。

愛忍者 URL

2010.06/11,(金)21:33 edi/del

>学べばカルト教団を創設して一儲け……

 日本じゃ宮崎哲哉が既に遣い手として知られてるよ。

>おっぱいが大きな魔術師を思い浮かべました

 一晩考えてさっきやっと判った。そういえばケーブルテレビでえらく集中的にやってる時期があったなぁ。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.