長いこと温めていた割に
はまとまっていないわ

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
本能寺で信長に天帰掌を教えた北斗神拳伝承者は何者か?

 本能寺の変で自刃する織田信長が恨みを残さぬよう天帰掌の意味を教えた北斗神拳伝承者が誰だったのか、特定を試みています。


本能寺で信長に天帰掌を教えた北斗神拳伝承者は何者か?

 『蒼天の拳』の終盤、天授の儀で霞拳志郎は己の過去世を観る体験をしている。その中で北斗神拳が空海…後の弘法大師の帰国とともに日本に伝来したこと、北斗神拳伝承者が織田信長に仕えていたことなどが明らかになった。
 弘法大師が唐から様々なものを持帰ったことはよく知られている。饂飩や素麺や蜜柑といった馴染み深いものから衆道…つまりホモセックスまで実に様々なものが弘法大師の持帰り伝説に帰せられている。北斗神拳もまたそのひとつであったわけだが、曾て儂は弘法大師が本朝に持帰った「不動明王信仰」が実は北斗神拳伝承者のことではなかったか、と推測したことがあった。即ちケンシロウが闘気の中に具現する闘神は劉宗武先生が具現する不動明王と同一であり、この不動明王に象徴される北斗神拳伝承者を弘法大師が連れ帰ったのである。
 この北斗神拳渡日から、霞拳志郎の幻視は七百年後の本能寺の変に飛んでいる。この七百年の間も北斗神拳伝承者が英雄に仕え守護していたことを疑うことはない。だがこの七百年間、北斗神拳伝承者は如何なる英雄を守護していたのであろうか? そして恐らく四十ウン代目の北斗神拳伝承者は如何にして織田信長に仕えるようになったのであろうか?
 そのことについて、儂には長らく温めていた持論がある。

本能寺で信長に天帰掌を教えた北斗神拳伝承者は何者か? ......の続きを読む

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.