原哲夫がそんなこと
気にしてたわけないじゃん

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
黒王号の品種と性質

 拳王軍第二位の戦力であろう黒王号を実在しうる馬とし、その馬種を推測しています。


黒王号の品種と性質

メモ*1 メモ*2

伝説の巨馬

 黒王号が読者に与えた衝撃は尋常ではなかった。何しろ蹄の跡が「象の足ほども/ある」馬である。象の足がどれくらいあるか実物を触ったことはないが、写真から判断すると、体高3.5mとして直径65cm、もし黒王号の蹄が本当に65cmもあったなら、推定される黒王号の肩高は470cmにもなる。流石にこれほど大きくなれば身長210cmの拳王様でさえ騎乗出来ないから、「象の足ほども/ある」は誇張が過ぎるだろうが、まるで柿の如く敵を踏みつぶす描写を見れば、強ち誇張が過ぎるとも思えない。その戦力たるや拳王軍中拳王様に次ごう。あれほどの馬、尋常な草食獣とは云えまい。もしかするとブケファロスBucephalusのような食人馬だったかも知れない*3。黒王号は滅茶苦茶である。

黒王号の品種と性質 ......の続きを読む

aside

*1
2003/02/26.加筆修正
*2
2005/11/13.加筆修正
*3
 アレクサンドロス三世の愛馬で、人を食っていたという伝説がある黒い巨馬。馬なのに「雄牛の頭」という意味の名で、額に星の模様があったらしい。元々アレクサンドロスの父フィリッポスに贈られた貢物で、誰も乗りこなせぬ暴れ馬だったが、馬が自分の影に怯えていることに気付いたアレクサンドロス三世は鼻面を太陽の方向に向けることで落着かせた、という話がある。
 十七年間アレクサンドロス三世と共に戦場を往来し、紀元前326年ヒュダスペス川の戦いで戦死すると、アレクサンドロス三世は丁寧に埋葬し、同地にブケファロスという街を作った。
 こう書いてみると、何だか黒王号と云うより松風に近いような。黒王号は埋葬される方じゃなくて埋葬した方だし。ジュウザのことね。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.