あれだけ酷い目にあって
何もされてないってのも
無理な話よね

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 11.裏切りのユダ篇 073-082話(全10話)


三十一篇全比較 11.裏切りのユダ篇 073-082話(全10話)

 このお話は怪我を負うたケンシロウとラオウ様を休ませ、代りにレイの退場を華々しく飾った最後の十話だ。レイはNo.2キャラクタとしては別段突出した特徴はなく、まぁ云ってしまえば凡庸なNo.2キャラクタであるが、このひたすら辛く悲しい別離があるからこそレイは『北斗の拳』で最も心に残る印象深いNo.2キャラクタになれたのだと思う。この単純で情熱的な気性も、こうやって死んだから煩くなく美しい想い出として振返ることが出来る。もしこれで生残っていたらきっとヤムチャ化しただろうからなぁ…。
 ケンシロウにとってもレイは特別な存在だった。ケンシロウが「強敵」と呼ぶ者は殆どが敵で、味方であってもトキやシュウは年長、バットやアインは拳力で頼りに出来ず、いずれも対等の「友人」ではなかった。だがレイだけは、殺されたコウの復讐の為ケマダを殺した夜明けには雑談しながら水を呑み、マミヤをセミヌードにしてケープを被せたレイの心を斟酌し、戦癰で動きを封じられた時には殺人鬼トキの正体がアミバであると教わって助けられ、拳王侵攻隊が西に向うていると知れば先づはレイに任せるなど、お互い腹を割って話合い、力を信じ助け合うことが出来た対等の友人であった。多分生涯通じてもケンシロウには「友人」と呼べる者はレイしかいなかった。だからだろう、ラオウ様の時、カイオウの時、ユリアの墓前でマミヤに語る時、レイは強敵の遺影の中で最もケンシロウに近い好い位置に描かれていた。

三十一篇全比較 11.裏切りのユダ篇 073-082話(全10話) ......の続きを読む

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.