三十一篇中最も感動的なお話しよね
わたし全然
出なかったけどね!

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 12.聖帝サウザー篇 083-097話(全15話)


三十一篇全比較 12.聖帝サウザー篇 083-097話(全15話)

 サウザーはラオウ様でさえ迂闊に手を出せぬ大敵である。ケンシロウは「拳王様御出馬篇」でラオウ様と何とか引分けたが、それはトキとレイの献身、マミヤとリンの奮闘があってのこと、決して一人でラオウ様と引分けたわけではなかった。そんなケンシロウがラオウ様に匹敵するであろうサウザーと闘うのだ。案の定ジャギや牙一族くらいの調子で戦いを挑んであっさり敗れた。
 それまでは絶対の勝利が約束されていたケンシロウであるが、「カサンドラ篇」で戦いの最中気絶する危機に陥り、「拳王様御出馬篇」ではレイやトキ、マミヤの献身がなければ死んでいたであろう危機に身を曝し、竟には「聖帝サウザー篇」で敗北、絶体絶命危機に瀕する。最早ケンシロウが己を上回る敵を相手にし始めていることは明らかだ。このままではいつか死ぬ。
 だから成長せねばならぬのだが、困ったことに『北斗の拳』は「魂が肉体を凌駕する」世界の物語である。身長185cmのケンシロウが身長20m程のデビルリバースに勝つ世界の物語である。凡百の少年漫画で描くが如き修行や鍛錬では何もならない。では如何にすればケンシロウは成長出来るのであろう。
 『北斗の拳』は意外やその答えを周到に用意している。先づラオウ様が「拳王様御出馬篇」にて二つの方法を暗に示して下さったことを思い起こされよ。先づは「激流の拳=剛拳」である。然しこれではラオウ様に勝つことは適わぬ。何故なら「ラオウの拳も/ケンの拳も/同じ激流!!/闘気を発する/いわば剛の拳」である(JC:08:122)。「闘気とは/非情の血に/よって/生れるもの」、ケンシロウも「シンや/レイとの非情の/闘いの末に闘気を/まとうことができた」。だがラオウ様とケンシロウでは「非情さがちがう」(JC:08:136)。ラオウ様は「養父/リュウケンをも/その非情な手に/かけた!!」からだ。ラオウ様は己の野望の為に師父殺し、實弟殺し、女殺しでさえも進んで出来る「非情の権化」なのだ。「激流に対し/激流で/たち向っても/のみこまれ/砕かれる/だけだ!!」。だからもしケンシロウが「激流の拳」でラオウ様を倒さんと欲するならケンシロウはリンを殺せるようでなければならない。ケンシロウに出来るわけがない。
 故にケンシロウはもう一つの方法、「静水の拳=柔拳」を選ぶしかないが、これはまた別の問題がある。というのも、「静水の拳=柔拳」が何に基づく拳なのか解り憎いのだ。實はきちんと説明されているのだが、読者はおろかケンシロウらにも解らぬように描かれているのである。

三十一篇全比較 12.聖帝サウザー篇 083-097話(全15話) ......の続きを読む

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.