ケンシロウの蔭が薄い…

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 16.ユリア争奪篇 121-130話(全10話)


三十一篇全比較 16.ユリア争奪篇 121-130話(全10話)

 「天翔る天狼篇」がリュウガの一人称だったように、「ユリア争奪篇」は實はラオウ様の一人称で綴られている。ジュウザが死ぬ時から物語の視点はこっそりラオウ様に遷っていたのだ。だから序破急、起承転結、どちらを見てもラオウ様を描いてはいない。ラオウ様の目を介してケンシロウの強さを描いている。
 人はラオウ様を"影の主人公""裏の主人公"などと呼ぶが、その由縁は将にこのラオウ様視点に拠る。何故なら普通の作品はボスキャラの強さを描きこそすれボスキャラから見た主人公の強さを描きはしないからだ。特に最終決戦前である。普通の作家は"最強のボスキャラに挑む主人公"を描きたがる。それを"最強の主人公に挑むボスキャラ"で描いてしまうのだから尋常ではない。最早主人公とボスキャラの立場が顛倒してしもうている。
 つまりこの篇以降の主人公はラオウ様なのだ。
 こういうボスキャラを描いた例は餘りない。儂は寡聞にして『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルくらいしか思いつかない*1。時代のものなのか、武御大と富野由悠季が共有する世代文化なのか、このラオウ様の変化は實にシャア・アズナブルに似ている。最早ゲルググに乗ってさえガンダムに及ばなくなったシャア・アズナブルが死んだララァ・スンに「私を導いてくれ」と云うが如く、不敗の拳"天将奔烈"さえ通じなんだラオウ様が「ユリア、私を導いてくれ」とばかりにユリアを殺害し、シャア・アズナブルが「私にも見える!」と云うたが如くに同じくラオウ様にも"無想転生"をまとう…という工合だ。
 シャア・アズナブルとラオウ様の比較は別に章を立てて詳しく行う為、此処では細かくは触れないが、ラオウ様がシャア・アズナブルと比較し得ることは、儂にとっては重要である。何故なら此処にボスキャラが裏主人公になる道筋が見えるからだ。要は強くなり過ぎた主人公はボスキャラになるしかなく、主人公に負けて尚生き存えたボスキャラは主人公的に振舞うしかない、ということなのだと思う。これを基準に見渡せば、描き方は違うが『DRAGON BALL』のベジータ、『DRAGON QUEST ―ダイの大冒険―』のハドラーなど、類似例を探せば意外にいる。ただ、最後まで主人公と敵対しながら…という例はラオウ様とシャア・アズナブル*2くらいしか知らない。

三十一篇全比較 16.ユリア争奪篇 121-130話(全10話) ......の続きを読む

aside

*1
 『あしたのジョー』の力石徹も似ていなくはないが、どちらかというと矢吹丈は最後まで力石と対等ではなかったように思う。
*2
 とはいえシャア・アズナブルも一時はクワトロ・バジーナとしてアムロ・レイと共闘している。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.