さようなら…
私この人に殺されそうになったけど
憶えてないんでしょうね…

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 17.拳王様御帰天篇 131-136話(全06話)


三十一篇全比較 17.拳王様御帰天篇 131-136話(全06話)

 はじめに指摘したように、この篇は「KING篇」のシンメトリである。殆ど同じお話といってよい。ラオウ様が御帰天なされた時、リハクは「巨星落つか…」(JC:16:041)と呟く。それとシンが死ぬ第十話のタイトルが「巨星堕つ時」であったことは決して偶然ではない…と思う。ラオウ様とシンは同じ「巨星」と呼ばれる同一人物なのだ。
 但しシンの頃に比べて随分世界の有り様が違う為、それに応じて書換えられた箇所は無視出来ない。例えば「執念」が「愛と哀しみ」になり、「怒り」が「一握りの想い」になり、「同じ女を愛した」が「取って代られることを望んでいた」という工合である。これはシンの頃には渇いて殺伐とした世界であったのが、ラオウ様の頃には潤いある湿気た世界に変化していることを示している。判り易い処では第一話冒頭でギラギラした太陽を背負うたケンシロウが「み…/水…」(JC:01:016)と呟いてフラフラとリンの居る村に至るが、この「拳王様御帰天篇」冒頭ではなんと雷雨に見舞われたバットが「フェ〜〜/やっと止み/やがった!」と零している。タキが命を賭してたった一杯の水も得られなんだ頃が懐かしい。
 ユリアが「五車の星を/失った天も/哀しんでいる」(JC:15:116)と云うていたことから、『北斗の拳』の世界では天候と天の感情は一致している。少なくとも作家は意図して一致させている。弔事の日の雨を涙雨というが、『北斗の拳』世界は真の意味で涙雨が降る世界なのだ。但し第一話の頃は天の心も荒れて涙など流さなかった。それが度重なる弔事続きで天の心も湿り、やがてフドウの死に涙するに至り、以後ラオウ様御帰天以後暫く泣き続けるようになった(JC:17:150)、ということではあるまいか。
 多分リハクの「ラオウ/ケンシロウ/そしてユリア様が/いなかったら/この世は/永遠に」「闇に閉ざ/されて/いただろう」という評はこのことを意味するのだろう。ユリアを巡るラオウ様とケンシロウの涙なくしては語り得ぬ戦いが天の心を取戻した、ということではないか。或いはリンが記憶を失うたことをケンシロウが知って敢て無視した時は雨とユリアの涙が一致していた(JC:27:059)ことから考えると、もしかすると「五車の星を/失った天も/哀しんでいる」は天ではなくユリアの哀しみを表現していたのかも知れない。とすると、「天」とはユリアのことか。

三十一篇全比較 17.拳王様御帰天篇 131-136話(全06話) ......の続きを読む

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.