砂蜘蛛君ってさ
強すぎない?

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 21.修羅の国入国篇 160-164話(全05話)


三十一篇全比較 21.修羅の国入国篇 160-164話(全05話)

メモ*1

 本篇でファルコとはお別れだが、幾ら何でもあっけなさ過ぎる。確かにファルコは何れ死ぬキャラクタであったが、せめてカイオウの手に落ちたケンシロウを助ける為に死ぬとか、もう少し道はあったと思う。何せ曾ては北斗神拳をも凌いだと紹介された元斗皇拳最強の男だ。武御大はファルコをケンシロウに匹敵する拳士として設定した筈である。そして現に前篇で鬼神の如き強さを見せつけ、凄まじい死闘を演じていた。そんなファルコが名もなき修羅に敗れるとは、餘りにも無惨ではないか。勿論、戈穴の傷が力を削いでいたと説明されてはいるが、ファルコはそんなことで死ぬ男ではなかった筈だ。もっと佳い死場所はなかったのだろうか。思えばレイも拳王様の先触れに容易く殺されたが、それでも三日の餘命を与えられ、充分に戦うて死んだ。ファルコにとっては刹活孔がレイの三日に相当するのだろう。だからレイがマミヤの想いを残したように、ファルコもミュウに子を残したのだと思う。然しそれで斃した敵が砂蜘蛛一匹だなんて、不釣り合いではあるまいか。ユダと比べて、餘りにも砂蜘蛛は軽すぎないか。それともユダが砂蜘蛛並なのか。第百六十一話のファルコの臨終は確かに美しい。然しこんなところでファルコと別れねばならぬとは…愛する『北斗の拳』のこととはいえ許し難い。武御大にはレイやシュウのような死に方を考えて頂きたかった。残念でならない。

三十一篇全比較 21.修羅の国入国篇 160-164話(全05話) ......の続きを読む

aside

*1
2007,04/16.修正

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.