この頃のカイオウは
滅茶苦茶怖いよね

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 24.ジュウケイ無残篇 178-187話(全10話)


三十一篇全比較 24.ジュウケイ無残篇 178-187話(全10話)

メモ*1 メモ*2

 これはジュウケイが悪い。ジュウケイは秘拳なくばケンシロウがカイオウに勝つことはないと考えていた。まぁ、羅聖殿の戦いと母者の墓所での戦いを見る限り、流石にケンシロウは天才である。秘拳なしでもカイオウに勝てたように思われるが、然しジュウケイも一廉の武術家である。自らの知識に基づいてそう考えたのだから仕方がない。だが、であるならば、どうして言伝を頼んだレイアとタオにそれを教えなかったのか。そのことも伝えておれば、レイアからそれを聞いたシャチがよきよう計ろうた筈である。喩えリンを奪われたからとはいえ、ケンシロウをカイオウの許へ連れて行くことはなかった。ケンシロウを絶体絶命の危機に陥らせることはなかった。
 レイアは可愛い女だと思う。ジュウケイに頼まれた言伝だけをシャチに伝え、リンが攫われたと慌ててシャチに伝え、ケンシロウがカイオウの許に向ったとジュウケイに伝えた。己の思慮らしいことは何もないが、懸命に己が出来ることをしている。まさかジュウケイが馬鹿だなんて露程にも考えていない。ジュウケイを信じ切っている。
 そう、ジュウケイは馬鹿なのだ。今際に「ゆ…許せ…/この/大馬鹿者を!!」(JC:21:125)といって事切れたが、その通りである。ジュウケイは大馬鹿だ。多分ケンシロウは秘拳がなくてもカイオウを倒せたであろうし、その秘拳の正体も実戦での力を失うた死んだ拳に過ぎず、その在処を知るヒョウの記憶を封じてしまうし、北斗琉拳を仕込んだ弟子は悉く悪者に成下がっている。ジュウケイの一挙手一投足の全てが事態を悪化させ、ケンシロウに………引いては天下に迷惑を掛けた。こんな愚か者が要らぬ細工をするから、カイオウ如き小悪党に付け入られるのだ。全く、リハクはまだ庇いようがあるが、ジュウケイばかりはどうにも庇いようがない。
 抑も修羅の国にはカイオウ以外賢い奴がいない。カイオウにしても大したことはないのだが、それでも流石に拳王様の兄上だ。並より下ではない。それに比べると、ヒョウにしても、シャチにしても、愚かである。ジュウケイはその代表に過ぎない。
 だが、ヒョウは馬鹿だが善良であるし、シャチは迂闊だが若々しく、レイアも世間知らずだが健気で可愛らしい。ジュウケイにしたって、その愚かさが突抜けて滑稽に転じ、その様が憐れげで嫌いにはなれない。寧ろ愛嬌がある。故に儂は却って修羅の国の愚か者たちに心惹かれるのであるが、よくよく考えてみると、その愚かしさ、滑稽さ、可愛げ、哀しさといったものは、拳王様御帰天以前には、シンや大佐、ジャッカル、ジャギ、アミバ、ウイグル獄長、ラオウ様、サウザーなどの敵役のものだった。それに比べると、拳王様御帰天以後の敵役はジャコウを最後に餘り愚かでもなく可愛くもない。ハン、カイオウは勿論、コウケツ、バラン、ボルゲにしても、愚かとは云い難く、ボルゲ以外は決して可愛らしくはない。特にバランは気色悪いくらいで、シエやギョウコなどの雑魚どもも単なる異形に過ぎず、馬鹿、愚かとは云えなかった。
 その替り、拳王様御帰天以後は援助者がどいつもこいつも馬鹿で滑稽だ。ファルコ、シャチ、レイア、ジュウケイ、黒夜叉、ヒョウ、バルガ、アサム、バット……何れも良かれと思うてやったことが全て裏目裏目に出る。拳王様御帰天以前の援助者、レイ、マミヤ、シュウ、フドウなどと比べてみるとよく解る。レイやマミヤ、シュウなどは例え目論見が外れてもケンシロウに迷惑を掛けなかった。寧ろケンシロウを助けることが多かった。
 『北斗の拳』は週刊連載作品故、餘り急激に質が変るということはないが、それでも拳王様御帰天を境に明らかに変質している。その極端な例のひとつが敵と味方の知能である。拳王様御帰天を境に愚かな敵役が利口に、善き援助者が邪魔者になっている。どうやら『北斗の拳』世界では敵と味方の知能が反比例するらしい。何故だろう。多分、ケンシロウが余人の助けなど必要ないくらい強くなっているからだと思うが…。

三十一篇全比較 24.ジュウケイ無残篇 178-187話(全10話) ......の続きを読む

aside

*1
2007,06/19.修正
*2
2007,06/26.修正

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.