暑苦しいこと
この上ないったらないわ!

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 25.魔神ヒョウ篇 188-196話(全9話)


三十一篇全比較 25.魔神ヒョウ篇 188-196話(全9話)

 「堕ちた天使篇」は悪人に変ったと聞かされていた義兄トキが實は偽者であったというお話だったが、この「魔神ヒョウ篇」は存在を知らずにいた善人である筈の実兄ヒョウが魔道に堕ちてしまうお話で、「懐かしい兄」が「知らない兄」、「外道を演じた偽者」が「魔道に堕ちた本人」、「義兄」が「実兄」という工合に顛倒、見事なシンメトリになっている。同時に「囚われの義兄トキ」が「悪に染まった実兄ヒョウ」、「沙漠のまんなかのカサンドラ」が「沼に沈んだ羅聖殿」、「挑戦者の墓碑」が「虐げられた北斗琉拳の墓碑」、「兄弟の再会を肉体を以て妨げるウイグル獄長」が「兄弟の再会を策謀を以て妨げるカイオウ」、「命を捨ててトキ救出を助けて死んだライガとフウガ」が「ヒョウを貫いた罪を贖わんとするも生き存えたシャチ」という工合に、「カサンドラ篇」とも裏返しになっている。
 このことから、儂は「修羅の国」とは結局大規模な「カサンドラ」だったのではないか、大型の「カサンドラ」がジャギもアミバもサウザーをも内包する恰好で成立する世界が「修羅の国」だったのではないか、或いは「修羅の国」は『北斗の拳』の世界観そのものが「カサンドラ」を中心に反転した『裏北斗の拳』のお話だったのではないか、などと考えるのだが、これについては後でまた詳しく論証するとしよう。

三十一篇全比較 25.魔神ヒョウ篇 188-196話(全9話) ......の続きを読む

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.