まさかの
マザコン…

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 27.修羅の国決着篇 200-210話(全11話)


三十一篇全比較 27.修羅の国決着篇 200-210話(全11話)

 初めに述べたように、カイオウは設定こそラオウ様の兄であるが、その人物造形は寧ろジャギ、サウザーに近く、ラオウ様に似た要素といえば、精々容貌と背格好、あとは膨大な闘気の量、従順な愛馬くらいで、人柄に至っては全くの正反対、ラオウ様とは似ても似つかぬ男である。カイオウは、ジャギがケンシロウを憎み陥れんとしたが如く北斗宗家を憎んで策謀を弄び、サウザーが師父オウガイの死を乗越えられず墳墓を造り悪逆の聖帝と成果てたが如く母者の死を悼む餘りに墓所を造立し悪の権化と成果てた。天を目指し弟たちに敬愛されるに足る最強者たらんと欲したラオウ様の兄とは思えぬいじけにいじけ抜いた生涯であった。そのいじけ抜いた人柄は殆ど餓鬼と同じ、成熟には程遠い幼児性を抱えた小人物であった。
 とはいえ、勿論カイオウとて「新世紀創造主」たらんと志した英傑の一人である。優れた器量を具えた人物であったことは間違いない。だが所詮は白痴のデミウルゴスである。修羅の国などという不完全な世界しか創造出来なかったことでそれは明らかだ。修羅たちには全知全能のように見えたかも知れぬが、到底「新世紀創造主」などとはとても云えぬ昏君だった。カイオウにもそれなりの理想があったのやも知れぬが、所詮は出来の悪いイデアの模造品しか創造出来ぬデミウルゴス、女の愛に生きた男たちに滅ぼされた仕儀も当然の成行きという他ない*1

三十一篇全比較 27.修羅の国決着篇 200-210話(全11話) ......の続きを読む

aside

*1
 キリスト教の異端であるグノーシス派の始祖的魔術師シモンはへレナという女を常に連れていた。キリスト教の資料に拠るとへレナはシモンが身請けした娼婦だったそうだが、シモンの信者はへレナを「エンノイア=第一思考の流出」と呼んで崇めていたそうだ。何でも、へレナは元来全人類の母であり、天使の創造主でもあったが、へレナの力を妬んだ天使によって物質的肉体に幽閉しされていたのだという。それが、幾度もの転生を経て、娼婦に生まれた結果、救世主シモンによって発見され、解放されたのだそうだ。へレナを幽閉した天使たちは世界を支配する為に敢て悪く治め、その長は『旧約聖書』の神と同じ、つまりデミウルゴスであるという。
 つまり魔術師シモンはへレナにぞっこんで、へレナを世界の全てのように崇めていたわけだ。そして悪が蔓延るこの世の出来を恨み、その主催者とされる『旧約聖書』の神を「腕の悪い職人」と呼んで罵っていた、という話である。即ち魔術師シモンは女の愛に生きた男、というわけである。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.