農地開発するまでは
偉いんだけどなぁ

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 28.狼は死なず篇 211-217話(全07話)


三十一篇全比較 28.狼は死なず篇 211-217話(全07話)

 儂が本篇を構造的に面白いと思うのは、リュウの造形もさることながら、コウケツという敵役のあり方だ。というのも、一見するとコウケツはジャコウに類する類型的な俗物に過ぎないが、なかなかどうして面白い特徴を具えている。

 先づコウケツは農場の主である。そして曾て広野を駆巡った狼たち…即ち落魄した拳王軍の残党の子供たちを人質に取り、農奴として扱き使うている。男の癖に戦いを避け、媚びを売って出世を計ったことをラオウ様に見抜かれて大恥をかいたどうしようもない下衆である。
 このコウケツの特徴は、一見してみるとよくある小悪党のステロタイプのようであるが、具に吟味してみると、實はマミヤの影であることが判る。マミヤは花や穀物が実る豊かな村のリーダーであり、荒野を横行する狼たち…即ち牙一族に村を狙われ、トヨの養子たちを引取ることを条件にケンシロウを雇い入れ、牙一族に対抗しようとしている。女を捨てて戦いに身を投じながら、レイに服を破られた際に胸を隠したことで女であることを再認識させられた。つまり、ともに農場の主であり、どちらも「狼」と呼ばれる集団に対抗する為に子供を養い、性別に反する行いをし、それ故に恥をかいている、という特徴が一致しているのだ。
 勿論武御大と原御大がそんなことを意識して描いたとは思えない。多分、コウケツという下衆を造形する際に"穢らわしい特徴"を附加していったら、、無意識にマミヤと正反対のキャラクタが出来た、というだけであろう。抑もマミヤは半ば女神と化したユリアと違い、生き身の女としては実在し得る限界まで理想化された"美人"だ。実在し得る最低の"下衆"を考えれば、マミヤの正反対になるのが道理である。だから偶然といえば偶然だろう。「農場」と「狼」の一致も「狼」を「暴力の荒野」の象徴として考えれば「農地」と「荒野」の対立として容易く理解出来よう。

 もうひとつ、コウケツは子供を人質にとってバルガらを農奴にしていたが、この子供らを代表するシンゴはどういうわけか盲目である*1。処が『北斗の拳』には幾人も盲目のキャラクタがおり、これらを比較すると、『北斗の拳』に登場する盲目のキャラクタには明確な役割があることが判る。それは"人質"若しくは"自己犠牲"の暗示である。アイリ、シュウ、ルイ、赤鯱、シャチ、シンゴ、ボルゲ、何れも"人質"若しくは"自己犠牲"に関わっている*2
 シンゴを人質に取ることでコウケツは労働力を得ていた。この構図は同じく子供を捕えることで労働力を得ていたサウザーと同じで、コウケツを"卑小なサウザー"と見なした場合、シンゴは"縮んだシュウ"であることになる。そう思うて見れば、成程コウケツもサウザーもオールバックで、恐らくは銀髪、どちらも豪華な食事を採るシーンもあり、似ていないではない。
 コウケツが"卑小なサウザー"であるならば、"縮んだシュウ"であるシンゴは「みなも/聞くがよい/今動く/ことはない」「おまえたちの/中にある/心が動いただけで/充分だ」「その心が いずれ/この世に再び/光をもたらす/であろう」「心ひとつひとつが/大きな束と/なった時に」(JC:11:059)というシュウの預言の成就を暗示する存在ではないか。
 もし本篇が預言成就の物語であったとすると、「みごとだ/シュウ!!」(JC:11:095)とシュウの死を讃えたラオウ様の御子息がシュウの預言を成就させたのだ。何やら壮大である。

三十一篇全比較 28.狼は死なず篇 211-217話(全07話) ......の続きを読む

aside

*1
 勿論作中できちんと「極度の栄養不良の/ために盲目となった」(JC:24:161)と記述があるが、そういうことが判らないわけではない。作劇上どういう理由があって武御大はシンゴを盲目にしたのか、という意味である。
*2
 シュウは人質を取られ自己を犠牲にした。対するルイは人質になってファルコが自己を犠牲にしていた。ボルゲはバットがケンシロウの身代りになることで自己を犠牲にしていた。何れの場合も"人質""自己犠牲"に"関わる"が、甲乙の関係は決して固定されていないので"関わる"としか表現出来ない。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.