幾ら何でも
判りやすい
仲の悪さよね

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 29.サヴァ王国篇 218-227話(全10話)


三十一篇全比較 29.サヴァ王国篇 218-227話(全10話)

 断言は出来ないが、本篇はシェイクスピアの『リア王』*1、もしくは黒澤明の『乱』*2の翻案だ。年代からして1985年公開の『乱』の方を参考にしたと思われる。特に最後カイが死ぬ件は『リア王』より『乱』に似ている。
 だが、本篇では長兄カイが死んでいる。『リア王』では最後に末娘コーディリアが、『乱』では末弟三郎が死ぬ。この差異は何だろうか。多分これは本篇を悲劇にしない為だ。
 初めカイ・ブコウ・サトラは典型的な"三馬鹿王子"として登場し、延々と醜態を曝すが、ケンシロウに力の差を見せつけられて以降は改心し、お互い譲り合うことを憶えた。そうなった以上、此処で『リア王』『乱』同様にサトラが死んでしもうては、幾ら何でも悲劇に過ぎる。『リア王』『乱』は悲劇だからそれで構わないが、『北斗の拳』は少年漫画だ。未来に希望を託さねばならない。
 兄弟の中で真先に譲ることを憶えたのはサトラだった。次いでブコウが目覚めている。常識的に兄弟間でのプライオリティ(優先権)は兄にある筈だ。弟が兄に優越しようなどとは抑も弟の思い上がりに過ぎない。だから最も思い上がっていたサトラが一番に改心し、次いでブコウが改心するという順序は、至極当然の成行きである。
 この三兄弟で最も罪が少いのは長兄カイだ。思い上がった弟たちを諭すことが出来なかったに過ぎない。だからサトラとブコウが正しい弟として振舞えば、カイは正しい兄に立戻る。サトラとブコウが改心した結果、カイは「まってくれ!!」「たのむ!!」「オレたちが/井の中の蛙で/あること/よーくわかった」「たとえ三人でも/あんたには/かなうまい!」「な……/ならば/願わくば」「こ……/この命で/そのふたりを/見逃して/やってくれ!!」(JC:25:192-193)と命乞いをしてみせた。實に兄らしい振舞いと云える。カイはもともとこういう兄だったのだ。
 およそ兄弟とは弟が兄に先を譲り兄が弟に後を譲る状態こそ正しい。少なくとも儒教の影響下にある文化圏ではそういうことになっている。「兄のおさがりを弟は/着ることができる」「だが弟の服は/兄では着れぬ」(JC:26:046)とは将にそのことだ。ならば、アサムが既に死の際にあり、兄弟の中からもう一人死なねばならないのであれば、それはカイ以外であってはなるまい。兄は後を譲る弟がいてこそ安心して死ねるのだ。カイであれば、カイより後事を譲られることでブコウとサトラは"立派だった兄の弟"として誇りを胸に強く生きてゆくことが出来よう。だが、假にこの時サトラが死んだならば、例えどんな立派な死に方であろうと、「弟の服は/兄では着れぬ」。カイとブコウはサトラの死を悔むしかない。これは悲劇だ。少年漫画は少年に未来の希望を託するものだ。どんなに芸術的に美しく仕上がろうと、どんなに思想的に高等に仕上がろうと、決して悲劇であってはならない。
 思うに、本篇は曾て兄弟間で競い助け合うことが出来なかったケンシロウの罪滅ぼしである。ラオウ様にも北斗神拳を継ぐ資格があることを、ケンシロウはラオウ様が御帰天召された後になって気付いた。それを、若さ故に競い合うことしか出来なかったケンシロウは、悔いていたのではあるまいか。だからアサムに「三人の後継者たちを/抹殺してくだされ!!」(JC:25:103)と依頼されながら、脅かすだけに留めたのではないか。「父の愛に/溺れ」「その父の愛を/忘れ盲目となった/クズども!!」(JC:25:181)とは自責の言葉ではないか。サヴァの啀み合う兄弟に、ケンシロウは己の過去を見たのではあるまいか。

 猶、カイは『リア王』のコーディリア、『乱』の一文字三郎の役割を次いで死んでいるわけだが、だからといってカイがコーディリア乃至三郎の全ての機能を引受けているというわけでもない。一部はきちんと末弟サトラが引受けている。ブリテン王家を勘当されたコーディリアがフランス王妃になり、一文字家から追放された三郎が藤巻家の婿になったように、サトラも婚約者であるブランカ王女ルセリを娶るべくブコウに王位を譲って旅に出ているのだ。つまり、コーディリアと三郎にあった婚姻関係は次篇の切掛として流用されている。『リア王』乃至『乱』を知らねば読者にとっては別にどうということはないことだが、知っていると武御大は實に凄いことをやっているのである。我ら北斗istはこういうことを讃えねばならない。

三十一篇全比較 29.サヴァ王国篇 218-227話(全10話) ......の続きを読む

aside

*1
 シェイクスピア作の悲劇で、だいたい以下のような話。
 ブリテン王リアには三人の娘が居た。長女ゴネリル、次女リーガン、末娘コーディリアである。高齢のリア王は退位するにあたり「誰が一番孝行娘か」と三人娘に問うた。ゴネリルとリーガンは父への忠孝を誓う。然しコーディリアの答えは誠実ながら正直すぎた。憐れコーディリアは勘気を被り勘当されてしまう。
 処が忠孝を誓うたゴネリルとリーガンに後を譲ったリア王も、次第に疎ましがられるようになり、竟には追出されてしまい、荒野を流離う内に気が違ってしまう。
 一方、フランスに渡って王妃になっていたコーディリアは父リア王の惨状を知って救わんと欲し、兵を起しブリテンを攻め、戦場のテントでリア王と再会し、リア王は正気を取戻す。然しフランス軍は反目しつつも連合するゴネリルとリーガンの軍に敗れ、捕虜になったコーディリアは処刑され、リア王は息絶えたコーディリアを抱いて失意の内に死ぬ。
*2
 1985年公開の黒澤明監督映画。『リア王』の世界を時代劇に置換えた内容で、粗筋は同じ、ブリテンを一文字家(架空の戦国大名)、フランスを藤巻家、リア王を一文字秀虎、ゴネリルを太郎孝虎、リーガンを次郎正虎、コーディリアを三郎直虎と読替えればそのまま。
 因みに古い映画ファンは「儲け主義に走った俗悪な作品」と忌嫌うが、そんな云われ方をするほど酷い作品ではない。寧ろ佳い映画だ。多分、白黒で育った世代の人々にはカラー作品の映像美が理解出来なかったのだろう。ただ、これ以降邦画の主流が「映像美の追求」に走ってしもうたが為、その口火を切ったという意味では罪作りだ。映像美を追求した映画ってほんとに面白くないからね。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.