北斗史

-Hokuto History-

『北斗の拳』『蒼天の拳』の
作品世界内の歴史にまつわる記事を
まとめているの

記事一覧

本能寺で信長に天帰掌を教えた北斗神拳伝承者は何者か?

 『蒼天の拳』の終盤、天授の儀で霞拳志郎は己の過去世を観る体験をしている。その中で北斗神拳が空海…後の弘法大師の帰国とともに日本に伝来したこと、北斗神拳伝承者が織田信長に仕えていたことなどが明らかになった。
 弘法大師が唐から様々なものを持帰ったことはよく知られている。饂飩や素麺や蜜柑といった馴染み深いものから衆道…つまりホモセックスまで実に様々なものが弘法大師の持帰り伝説に帰せられている。北斗神拳もまたそのひとつであったわけだが、曾て儂は弘法大師が本朝に持帰った「不動明王信仰」が実は北斗神拳伝承者のことではなかったか、と推測したことがあった。即ちケンシロウが闘気の中に具現する闘神は劉宗武先生が具現する不動明王と同一であり、この不動明王に象徴される北斗神拳伝承者を弘法大師が連れ帰ったのである。
 この北斗神拳渡日から、霞拳志郎の幻視は七百年後の本能寺の変に飛んでいる。この七百年の間も北斗神拳伝承者が英雄に仕え守護していたことを疑うことはない。だがこの七百年間、北斗神拳伝承者は如何なる英雄を守護していたのであろうか? そして恐らく四十ウン代目の北斗神拳伝承者は如何にして織田信長に仕えるようになったのであろうか?
 そのことについて、儂には長らく温めていた持論がある。
続きを読む

究極奥義「無想転生」の仏教思想的根拠

 北斗神拳究極奥義「無想転生」は凄まじい奥義である。先づ意味が判らない。そして効果もよく判らない。故にゲームでは単なる無敵時間として表現され、或いは分身のように扱われてきて、その理論的根拠を吟味されたことは殆どなかった。
 処が『蒼天の拳』『真世紀末救世主伝説 北斗の拳』の関連で北斗神拳が仏教、特に密教と深く結びついていることが公式に認められ*1、物理的実現可能性は不明ながら、無想転生の理念的、観念的根拠については仏教思想で説明出来るようになった。
続きを読む

脚注

aside

*1
儂の周囲では1998年頃から当り前に論じられていたが。

劉宗武先生の不動明王について

 空海とともに日本に渡ってきた北斗神拳伝承者の正体が判ったよ。不動明王だ、不動明王だったんだよ!
 というのも、空海入唐以前、日本に不動明王信仰はなかったのよ。空海が日本に持帰った。その不動明王を悟りを開いた劉宗武先生が顕現せしめた。不動明王は劉宗武先生の拳が入神の域に達した証なんだけども、不思議なことに北斗関連の道場にはあれほど仏像を置いてあるのに、不動明王は一体もないんだ。不思議だね。何故だろう。
 それは北斗神拳伝承者自身が不動明王だからさ! 皆さん御存知のようにシュケンの北斗神拳は北斗劉家拳伝承者が後継して今に至る。その劉家拳を窮めた結果として不動明王の顕現があるならば、シュケンの神拳を継いだ伝承者も劉家拳を窮めている。不動明王くらい出るだろう。則ち神拳伝承者は不動明王を出せる。

 これもそのうちまとまったらちゃんと書こう。

トキと地下壕

 トキについては意外と判らないことが多い。先づ兄弟でありながらどうして容貌がカイオウ・ラオウ様と著しく違うているのか(但しトキは長身ではある)、ラオウ様共々カイオウの妹であるサヤカとはどういう関係にあるか(支那では従弟でも弟、従妹でも妹と呼ぶ為、必ずしもトキと同じ父母から生れたとは限らない)、あのジャギとどういう感じで接していたのか(悪い関係ではなかったような?)、もし被爆しなければラオウ様・ケンシロウとユリアを奪い合うたのか(「見守るしかなかった」という『ユリア伝』の発言を信じるとすると?)、実際どのくらいの相手より強いのか(あの感じならサウザーに勝てそうではある)、などなど、トキは餘りに無制限に優しい為、登場期間の長さに比べて人柄を見通し憎い。病の為に激情を抑制したのか、元からそういう人なのか、いまいちよく判らない。幼年時のラオウ様に対する尊敬と憧憬、医術への志向、地下壕のエピソードを見るに、間違いなく善良で温和しい人であることに間違いはないと思うが、愛犬ココを射殺された時、闘勁呼法で凄んで見せた時の顔などを見ると、烈しい処もないではなく、その辺りをどう解釈するかによって評価が変る筈だ。何しろカイオウとラオウ様の弟である。病を得ねば或いは…とつい考えてしまう。
 今は未だ平成十九年三月一日、『真救世主伝説北斗の拳 トキ伝』が公開されておらず、トキについては現在論じ憎い状況ではあるが、以下、取り敢ずトキの「地下壕」のエピソードについて考えてみた。

続きを読む

中の北斗神拳など存在しない!

北斗神拳の分派

 『蒼天の拳』が連載を開始して以来六年、我々は謎多き北斗神拳について随分色んなことを知るようになった。資料の質を問わず簡単にまとめると、先づ四千年前に北斗宗家の始祖が神より劔を授り、二千年程前に北斗宗家拳が戦闘力を失い、後漢末にシュケンが西斗月拳に入門、秘孔術を偸み取って北斗神拳を創始、程なく孫曹劉の三家拳が派生、更に北門拳や無明拳、劉家拳からは極十字聖拳が出たという経緯を辿る。
続きを読む

拳志郎→コウリュウ説

コウリュウ説流行

 コウリュウはリュウケンとともに「竜虎」と並び称された人である。「竜虎」というても『暴れん坊將軍』や『若大将天下ご免』に出演していた元力士のことではない。龍と虎くらい拮抗している二人の謂いで、ラオウ様曰わくコウリュウの方が強かったそうだ。
 このコウリュウ、見た目がヒッピー臭い老人で、然も一話限りの登場ある。恐らくハート程、ヌメリ程、サモト程、クジン程のファンもなく殆ど顧みられることがなかった人物であるが、2001年春頃の一時だけ北斗istがコウリュウで騒いだことがあった。『蒼天の拳』の連載がはじまった頃のことである。
続きを読む

ページ移動

<<PREV
NEXT>>

タグクラウド

TAG CLOUD