北斗学

-Hokutorogy-

俳優の北斗学さんとは関係ないわ!

記事一覧

ジュウザについて書くことが出来た

 儂としてはジュウザについて物凄く面白いことを思い付いたのだけど、多分世間様には伝わらないし、書くのに物凄く手間が掛ることが予想されるので、書くか書かないか迷うているが、多分我慢出来ないで書くと思う。
 お題は「ラオウ様vsジュウザとエンキドゥ」だっ!

裏切りのユダについて

 妖星のユダこと南斗紅鶴拳伝承者ユダのモデルが『新約聖書』のイスカリオテのユダであることは勿論常識であると思うが、単に「裏切り」というキーワードのみで考えるのは早計で、意外と細々とイスカリオテのユダにしてるのだなぁ、という感じがしているが、なかなかどうして、巧く改変している為、ここがイスカリオテ、と示すのは難しい。
 譬えば、妖星のユダはレイの胸の中で死んでいるが、あれは「ヨハネによる福音書」にてイスカリオテのユダがイエスに接吻することでその人がイエスであることをローマ兵に示した故事を蹈襲しているのではあるまいか、と思うのだが、これを論証するのは骨が折れる。イスカリオテのユダが自殺していることも、妖星のユダに一致すると思うが、これも説明しにくい。
 儂は『北斗の拳』の物語が救世主の分割した要素を具え持つ強敵たちが一人一人死ぬことでケンシロウに救世主たる要素を段階的に賦与する恰好で救世主伝説になっている…と考えていて、その中でもレイとユダの件は可成り重要なのだが、これを説明する言葉がなかなか見当らず困っている。
 他にもサウザーが死の間際にリンによって「子供のよう」と喩えられ、また練気闘座でリンがラオウ様とケンシロウの子供の頃の姿を幻視する描写があることも、ケンシロウの「救世主化」の一貫だと思うのだ。それが『新約聖書』の記述の何処が出典になるのか思い出せない。
 さてさて、どうしたものか。

アイリとマミヤの名の由来

 アイリの名の由来がアイリス(和名:あやめ)ではないか、と思いついた。

続きを読む

ケンシロウとユリアについて

 以前[聖帝十字陵のイエス 前篇]という記事を書いて、シュウの死の描写が可成り正確にイエスの死を模倣しているということを論証してみたが、タイトルに前篇とあるように、後篇も予定している。實はもうすっかりネタは出来上がっていて、先に少し描いておくと、聖帝サウザー篇はゴルゴタの丘のイエスを写しているだけでなく、『旧約聖書』の「出エジプト記」も模倣している…という話が続くことになっているが、オチまで決っているにも拘らず、まだ手がつかない。
 あと、ケンシロウとシンとユリアの関係がペルシャの神であるシャマシュとシンとイシュタルに当て嵌まるという記事も昔書いていて、あれは我ながら面白かったので再アップしようと思うているのだけども、手が着かない。色々修正しないと読み憎いんだよな、あれ。

 それと、[ユリア争奪篇]でケンシロウとユリアは成功したオルフェウスとエウリュディケだと書いたが、もうひとつ、『ロミオとジュリエット』に絡めて書くことを思いついた。然しこれが何処に書くか思いつかない。「KING篇」で書くべきか、「拳王様御帰天篇」で書くべきか、それが問題だ。

ページ移動

<<PREV
NEXT>>

タグクラウド

TAG CLOUD