北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十一話


テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十一話

 軍記物として標準的なレベルにあるお話かな。サクヤが疑われて投獄されるのも妥当な展開、拳王様が器量を発揮して不問に処すことも考えられないではないが、ああいうのは軽々しくやると拳王様が馬鹿に見えそうなので、沈黙は金、拳王様が黙っておられた方が穏当だっただろう。
 袋を託して云々、というのは、サクヤを賢そうに見せることには成功しているが、ソウガが軽率に見え、またサクヤが何を目的にして計を託したのかが不明瞭、但し前もって「愛故に」とか申しているので、女故の意地悪かな、投獄された腹癒せに少しお茶目しちゃいました、といった感じに見えた。

続き

 ただ、エピソード順を原作と違えている為に、多少ながら気になることもあった。原作でサウザーとの和議はリュウガ加入より前だった。これのエピソード順は別に故なきことではない。拳王様は拳王軍がユダに易々と拳王府を奪われたことを受けて、背後を守る優秀な将をお求めになったのである。その為のトキであり、リュウロウであり、リュウガだった筈だ。それを、アニメのようにリュウガを連れ出していては意味がないのだ。
 勿論、アニメではレイナが拳王府を守っている。だが、レイナは親衛隊長だ。ソウガが軍師として拳王様のお側にあるように、レイナも拳王様のお側にあらねばならない。リュウガは副将であるからこそ拳王府を守らねばならなかった筈だ。だいたいレイナは頭が良い感じには見えない。直情的で攻勢の人である。守将には向くまい。だがリュウガならば拳王府を守り得たかも知れぬ。リュウガは「巨木を選ぶ為に村人を虐殺せねばならない」などと考える脳味噌が拗れた人だが、その分思慮深く(深すぎて拗れる)、守勢に強そうだ。個人としても拳王様(及び黒王号、ウイグル)に次ぐ戦力の持主で、恐らくダガールにすら及ばないレイナよりは強い。ユダくらいならそこそこ戦えたであろう。拳王様がお帰りになるまでユダを凌ぐくらいのことは出来たと思う。
 そう思えるから、ラオウ様とサウザーの単馬会を眺める男二人がマヌケに見えた。雁首揃えて何やってんの、ソウガもリュウガも他より賢そうに見えているのが値打ちなのに、知能がレイ程度に見えちゃ、お前ら何の値打ちもないよ?と思うてしもうた。原作のソウガは誠実で賢そう、リュウガも冷徹で渋いキャラクタだったんだがなぁ。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.