映画『300』は怪獣映画として
見るべきという説があるわ

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
「修羅=スパルタ兵」説


「修羅=スパルタ兵」説

 スパルタといえばテルモピュライの戦いで名高き古代ギリシアの都市国家のことであるが、もしかして修羅の国ってスパルタのことじゃないか?と思いついたので記す。

続き

 先づスパルタはふたりの世襲王…アギス家とエウリュポン家の王家が治める都市国家で、このふたりと、兵役を免除される六十歳以上に達した長老二十八人を加えた長老会が最高決定機関として機能していた。二十八人云々は抜きにして、ふたりの世襲王…というのがカイオウとヒョウを思わせる。スパルタのふたりの王の権限は軍の指揮権などに制限されていた為、これも羅将っぽい。
 スパルタの新生児は先づ生れてすぐに面接を受け、虚弱な者は山奥に捨てられたという。そして七歳から親元を離れて共同生活に入り、十二歳から本格的な戦闘訓練を受け、民会に認められることで成人することが出来たが、その資格を得る為に奴隷を殺害せねばならなかった。この辺りは殆ど修羅と同じである。
 えーっと、スパルタのことがいまいち判らない人は、映画『300』を見て貰えれば手っ取り早いと存じます。儂は見てないけど。とはいえ、あれはヒーロー映画だ、という評判もあるので、そのつもりでどうぞ。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.