ここからが長い…
今ならまだ引き返せるわ

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三篇相似


三篇相似

メモ*1 メモ*2 メモ*3 メモ*4

『北斗の拳』には似た話が幾つかある

 連載を終えて二十餘年を過ぎた今でも儂は『北斗の拳』を度々読返す。だが如何に『北斗の拳』が名作と雖ど第一話から最終話まで通して読むことは殆どなくなった。今は、例えば「天翔る天狼篇」を読んで、次は「カサンドラ篇」、その次は「ケンシロウ追憶篇」を読むという工合、好きな箇所を好きな時好きな順序で読んでいる。
 このような読み方が出来るのは、儂が『北斗の拳』の内容を殆ど憶えているからだ。流石に「某頁の某齣目の台詞は何だったか」などと問われると判らないが、物語としてなら未開地の原住民が部族の口承伝承を説くが如し、およそ精確に物語ることが出来る。特に我々連載当時を知る世代とって『北斗の拳』は学校の遠足や修学旅行のような想い出だ。それを凌ぐかも知れぬ。そうでなくとも幾百度となく読返した北斗istなら、当然粗筋くらい憶えている筈だ。こういう読者にとって、最早物語の順序は問題ではない。何処から読んでも同じだ。前篇後篇を記憶で補完出来る。好きな話を好きな順序で愉しめばよい。
 このようになった北斗istが『北斗の拳』について論じようとすると、どうしても細部の話をしてしまいがちだ。やれガイラスだ、やれモリだと、名があったのかと思うような人物の名を憶えていることを競い合う傾向にある。それは知識自慢という面があり、北斗istたる己の確認作業でもあり、實にマニア的*5で、實に愉しい。儂もインターネットを初めて四年くらいは、やれザク様だ、やれヌメリだ、やれブゾリだ、やれクジン様だ、ヒフーン、とそればかりして遊んでいた。
 だが、ある時何となく「ジュウケイ無惨篇」「女神の涙篇」「修羅の国決着篇」を通して読んで、奇妙なことに気付いた。この三篇で描かれたカイオウにまつわる故事、つまり「カイオウ故事」が、どうも「ジャギ篇」「聖帝サウザー篇」に似ているのだ。
 「カイオウ故事」は『北斗の拳』の数ある逸話の中でも餘り好まれているとは云えない。多くの北斗istはカイオウをラオウ様の贋者と見なし、人によってはラオウ様の劣化コピーとまで謂う。殆ど酷評と云える。だがよく読んでみると「カイオウ故事」は餘り「ラオウ様故事」と似ていない。似た要素が餘りない。寧ろキーワードを拾うてみると「ジャギ篇」「聖帝サウザー篇」と似た語句が多い。
 では念の為に三篇の粗筋を記してこの三篇の相似を確認しよう。
続き

カイオウ故事

 先づ「カイオウ故事」は、北斗琉拳の筋に連なる母者を失うて、北斗宗家に劣等感を抱いたカイオウが、北斗宗家と愛を憎悪し、假面を被ってラオウ伝説を流布、魔神として修羅の国の独裁者となり、宿命に誘われたケンシロウと戦い、魔闘気によって勝利し、ケンシロウを磔刑にして血を搾り尽さんとするも、赤鯱とシャチが命を賭した為に取り逃し、ケンシロウにサヤカ殺害の濡衣を着せてヒョウを嗾けるも失敗、母者の墓所にケンシロウを迎え、母者の死について語り、北斗逆死葬の罠に陥れてケンシロウを貶めんとするが、これを破られ、奥の手の秘拳の秘密も暴かれ、魔闘気さえ通じず、宗家の秘拳で追詰められ、天地逆となっても屈せぬ意地を見せたが、結局胸を打たれて敗北、母者の仏像にて情けを掛けられ、竟に己が北斗神拳を伝承していても敗れていたであろうと観念し、駆けつけたヒョウを抱き、幼き頃に戻って遊ぼうと落涙、噴出する溶岩に包まれて死んだという話である。

ジャギ篇

 次に「ジャギ篇」は、北斗神拳伝承者に選ばれず、ケンシロウに劣等感を抱いたジャギが、ケンシロウを憎悪し、假面を被ってケンシロウの悪評を流布、アキ殺害をケンシロウの仕業と信じたマコがケンシロウを襲い、ケンシロウはその怨念の矢を届けるべくジャギの許を訪れ、ジャギはヘリポートにケンシロウを迎え、伝承者決定の日について語り、ガソリンの罠に陥れてケンシロウを嘲笑うも破られ、奥の手の南斗聖拳も通じず、マコの矢を突立てられ、無惨に敗れ去ったという話だ。

サウザー篇

 最後に「聖帝サウザー篇」は、オウガイを失うて、愛を憎悪し、恐ろしい聖帝と独裁者になったサウザーが、聖帝を名乗る独裁者となり、宿命に誘われたケンシロウと戦い、肉体の謎によって勝利、ケンシロウを人柱にしようとするも、シュウとシバが命を賭した為に取り逃し、再び戻ってきたケンシロウと聖帝十字陵で対峙し、オウガイの死について語り、肉体の謎を暴かれ、退かず媚びず省みぬ意地を見せるが、胸を打たれて敗北、有情拳にて情けを掛けられ、竟に北斗神拳伝承者、敵う相手ではなかったと観念、師の亡骸を抱き、険がとれた子供の如き顔で、倒潰する聖帝十字陵の瓦礫に消えたという話である。

三篇相似

 以上三篇の内容を分割して列挙し、似た箇所を揃えて纏めたのが下記表である。

ジャギ篇聖帝サウザー篇カイオウ故事要素
伝承者に選ばれず、 屑星として扱われ、劣等感
オウガイを失い母者を失い親の喪失
ケンシロウを憎悪したジャギは、 北斗宗家を憎悪したカイオウは、逆恨み
愛を放棄したサウザーは、情愛を捨て、愛を否定
假面を被り、 假面を被り、假面
ケンシロウの悪評を流布、 ラオウ伝説を流布、流布
聖帝を自称し、修羅の国の魔神になって、独裁者
帝王の血によってケンシロウに勝利、ケンシロウに暗琉霏破で勝利、秘密に基づく勝利
聖帝十字陵の人柱にせんと捕えるが、血を搾り尽さんとするも、生贄に捧ぐ
シュウとシバの犠牲で取り逃し、シャチと赤鯱の犠牲で取り逃し、父子による妨碍*6
マコの弟アキを殺し、 サヤカを殺し、弟妹の殺害
ケンシロウに濡衣を着せる。 ケンシロウに濡衣を着せる。濡衣を着せる
シュウの叫びに応えたケンシロウを、シャチの望みを請負うたケンシロウを、父子の要請
ケンシロウをヘリポートで迎え、 北斗逆死葬を仕掛けた罠を仕掛る
聖帝十字陵で迎え、母者の墓所で迎え、墓所が戦場
オウガイの死について語り戦うが、母者の死と、愛を忌避
八悶九断のことを語り、 屈辱の日々を語り、怨恨の由縁
追詰められるとガソリンを使ってケンシロウを陥れるも破られ、 北斗逆死葬でケンシロウを陥れるも破られ、罠に陥れるも無効化
肉体の謎を暴かれ、リュウオウの裔であることを暴かれ、血の秘密が暴かれる
南斗聖拳も通じず、 凄妙弾烈も通じず、切札が通じない
醒鋭孔で神経剥き出しされ、脚を封じられ拳盗捨断で拳を砕かれ脚も折られ、無力化
退かぬ媚びぬ省みぬと突撃、天地逆となってもと突撃、自棄
マコの矢を突き立てられた末に爆死した。有情猛翔破を撲たれ、胸を撲たれて、胸を撲たれて敗北
苦痛を生まぬ有情拳で情けを掛けられ、母者の仏像を手向けられて情けを知り、情けを掛けられる
敵う相手ではなかったと敗北を認め、オレが敗れていたであろうと敗北を認め、敗北を認める
オウガイの温もりを思い出し、駆けつけたヒョウを抱締め幼き頃に戻ってともに遊ぼうぞと涙を流し、幼児への回帰*7
倒潰する十字陵の瓦礫の中に消えた。墓所の仕掛けで噴出させた溶岩の中に消えた。墓所崩潰

 どうだろうか。「カイオウ故事」は内部に「ヒョウ故事」などを含み、複雑に絡みおうているので、細かな描写を論えば、「ジャギ篇」「聖帝サウザー篇」より「カイオウ故事」の方が分量が多く、全てが「ジャギ篇」「聖帝サウザー篇」に対応するわけではない。だが、「ジャギ篇」「聖帝サウザー篇」であった要素は餘さず「カイオウ故事」に含まれている。描かれた事件の順序もほぼ同じだ。「カイオウ故事」固有の描写といえば、精々カイオウ自ら出馬してリンを拉致する件と、リンに子を産めと逼る件、心を殺してヒョウに勝ちを譲る件くらいであろう。劣化かどうかは抜きにして、「カイオウ故事」は殆ど「ジャギ篇」「聖帝サウザー篇」のコピーであったと考えられる。

問題提起

全く同じ話を繰返している?

 この相似を以て、嗟乎、似ている、似ている、わあい、と喜ぶことが本稿の目的ではない。この相似を確認して更に疑問が湧いた。果たしてこれだけか?という疑問である。
 例えば、ユリアが登場する「KING篇」と「南斗最後の將篇」「ユリア争奪篇」「拳王様御帰天篇」はそれぞれ違う話である。だが、これをユリアの境遇のみを考え、「ユリア故事」として見ると、ユリアはシンに攫われて自害し、然し實は生きていて、然しラオウ様に攫われて、ラオウ様に殺されたが、實は生きていたと云う工合、つまり四篇を跨いで拉致→死亡→甦生→拉致→死亡→甦生という憂き目に遭うている。即ち拉致→死亡→甦生を二度繰返している。
 「ジャギ篇」「聖帝サウザー篇」と「カイオウ故事」はジャギ・サウザーとカイオウが別人であるから相似と云い、「KING篇」と「南斗最後の將篇」「ユリア争奪篇」「拳王様御帰天篇」はユリアのみであるから繰返しと云うているが、別人同人ということを無視すれば、どちらも同じ展開の繰返しである。ならば「ジャギ篇」「聖帝サウザー篇」と「カイオウ故事」の相似と「KING篇」と「南斗最後の將篇」「ユリア争奪篇」「拳王様御帰天篇」の繰返しは同じではないかと思うのだ。

鏡映しの話もある

 それだけではない。正反対の話もある。例えば「牙一族篇」はマミヤが指揮する農村が狼の如き牙一族に狙われる話で、先づ農>狼という価値観を提示しながら、コウケツが指揮する農村で狼と称される拳王軍の将軍が使役される「狼は死なず篇」もあり、此方では農<狼と価値観が顛倒している。また神への狂信を否定する「GOLAN篇」があると思えば神への盲信を肯定する「光帝バラン篇」がある。トキとヒョウの関係も「カサンドラ篇」と「魔神ヒョウ」で綺麗に顛倒している*8。「KING篇」と「拳王様御帰天篇」のシンとラオウ様の扱い、ユリアの生死も正反対になっている。これらの顛倒も同じ話の表裏であると考えれば、上記の如き繰返しと同じである。

『北斗の拳』を作るフォーマット

 このように考えると、自然と『北斗の拳』には物語の書式乃至定型と呼べる様式があるのではないかという假説が浮ぶ。抑も話というものは「いつ」「どこで」「だれが」「なにに」「なにを」「なにのために」「なにをして」「どうなったか」だけで成立し、如何に大部の物語といえど、所詮この応用である。抑もがこのような構造体である以上、如何に工夫を懲らそうが、物語のパターンは有限である。更にこれが例えば週刊誌連載であるとか、それが少年誌であるとか、編集者の好みであるとか、人気の順位であるとか、同誌の掲載作品との兼合いとかで制限されると、窮めて窮屈で定まった型の話しか生み出し得ない。誰もこの制約からは免れぬ。勿論『北斗の拳』もだ。
 『北斗の拳』三十一篇に見える幾度かの繰返しは、その制約によって生じた幾つかの物語の定型が再利用された痕跡で、その定型は可成り機能的に出来ており、武論尊はその機能を知悉し、敢て繰返しになることを怖れず、案外理論的に用いていたのではないか、というのが儂の假説である。思うに、これは確認してみないと解らぬのだが、その定型は、例えばハリウッド映画、例えばオペラ、例えば能狂言、例えば昔話、例えば神話などと同じような構造になっている筈である。何故そんなことを云えるか。其処に面白さの構造があるからだ。『北斗の拳』が面白いことは事実である。ならば同じ構造を具えていると考えるのが筋である。現に幾つかの篇はキリストの逸話などと同じ構造を具えていた。それは儂が考察をはじめた1998年の頃に既に確認している*9
 『北斗の拳』の物語三十一篇全てを、そして『北斗の拳』の物語全体をその定型で解釈、説明出来るとすると、描かれなかった箇所の空隙を他の類似する定型を具える物語を援用して埋められるかも知れない。そうすると、ラオウ伝説が流布した世界、ケンシロウの死、バットとリンの行く末を、朧気ながらでも知ることが出来よう。また『北斗の拳4 七星覇拳伝 北斗神拳の彼方へ』にある数多の瑕を綺麗に埋められる。もし儂の假説が正解ならば、『北斗の拳』は永遠に終らない。なき話をあるべき形で無限に生成出来る。少なくとも、『北斗の拳4 七星覇拳伝 北斗神拳の彼方へ』や『北斗の拳5 天魔流星伝 哀★絶章』、バンプレスト版『北斗の拳』など、『北斗の拳』の乱れた情報を整理するに役立つ筈だ。

 次回からはその定型の抽出、整理、解釈について論じる。出来るだけ従来あるきちんとした方法で行いたいと思う。

aside

*1
2005/12/13.全文改訂
*2
2006/03/16.加筆修正
*3
2006/09/03.全文改訂
*4
2006/10/03.加筆修正
*5
 オタクという云い方が一般的なのだろうが、ここは敢てマニアとした。マニアとオタクを何処で分けるかについては諸説あるが、儂は性欲を伴って没頭する者を"オタク"、伴わない者を"マニア"としている。
 岡田斗司夫や唐沢俊一の世代のオタクは性欲を伴っていなかったように見えるが、原初のオタクである"SFファン"や"ファンタジーファン"について調べてみると、どうも性欲を伴っていたらしい。SFにつきもののグラマラスな金髪美女がその対象だったのではないかと考えられる。
 オタクに対する世間の嫌悪感は詰まるところ性欲に対するものだ。"萌え"という新概念を編出して性欲臭を打ち消そうとしているが、"萌え"も所詮性欲に過ぎない。"メイドカフェ"なるものも結局は淡い風俗なのだ。直接的な性に対する恐怖心がああいうものを生みだすのだろうが、言葉を別にしても本質は"性欲"に過ぎず、そういうものを隠そうとする行為もまた、世間が持つ嫌悪感に繋がっている。
 『北斗の拳』の愛好はおよそ性欲を伴わない。たまにはいるみたいだが、原哲夫御大の絵が性欲を喚起し憎い為、例え具体的な性を描いたとしても、性欲を喚起する描写にはなり憎い。故に北斗istの殆どは北斗"マニア"であって"オタク"ではないと云える。
*6
 シュウは失明した故にシバの、赤鯱は昔修羅の国に置去りにした故にシャチの面影しか知らぬ父親であり、ケンシロウを救う為にシュウは両目を、赤鯱とシャチは片眼づつ失うている。この描写に何か意味がありそうだが、此処では措く。
*7
 「顔から/険がとれて/子供の/ように…」はサウザーが子どもに戻ったことを示し、カイオウは「また昔の/あの幼き頃に/戻って/ともに遊ぼうぞ」と宣って子どもに戻ろうとしている。
*8
 トキはラオウ様の実弟でケンシロウの義兄、ヒョウはカイオウの義弟でケンシロウの実兄である。トキははじめ悪人として登場し、その後それが贋者と解り、善人のトキはカサンドラに収監され、開放されてケンシロウに哀しみの声を聞けと促す。ヒョウははじめ善人として登場し、その後悪人に変貌し、悪人のヒョウは襤褸を使うて湖下の羅聖殿を露わにし、北斗琉拳の先人たちの恨みの声を聞く。殆ど正確に鏡像であると云える。
 その一方で救い出したトキは病で衰えており、心を取戻したヒョウはシャチに背を貫かれ弱るなど、符合することもある。『北斗の拳』には二度ギロチンが登場するが、それが「カサンドラ篇」と「魔神ヒョウ篇」であることも符号と謂えば符号だろう。
*9
 武論尊が様々なメディアで「シュウはゴルゴダのキリスト」というている通り、シュウが死ぬ逸話とゴルゴダの丘に登るイエズスの逸話は、ごく細かな描写に至るまで、殆ど正確に一致する。然もイエズスの生涯が模倣したモーセの生涯とも一致する描写さえある。細かなことは章を改めて詳しく述べる。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.