暑苦しいこと
この上ないったらないわ!

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
三十一篇全比較 25.魔神ヒョウ篇 188-196話(全9話)


三十一篇全比較 25.魔神ヒョウ篇 188-196話(全9話)

 「堕ちた天使篇」は悪人に変ったと聞かされていた義兄トキが實は偽者であったというお話だったが、この「魔神ヒョウ篇」は存在を知らずにいた善人である筈の実兄ヒョウが魔道に堕ちてしまうお話で、「懐かしい兄」が「知らない兄」、「外道を演じた偽者」が「魔道に堕ちた本人」、「義兄」が「実兄」という工合に顛倒、見事なシンメトリになっている。同時に「囚われの義兄トキ」が「悪に染まった実兄ヒョウ」、「沙漠のまんなかのカサンドラ」が「沼に沈んだ羅聖殿」、「挑戦者の墓碑」が「虐げられた北斗琉拳の墓碑」、「兄弟の再会を肉体を以て妨げるウイグル獄長」が「兄弟の再会を策謀を以て妨げるカイオウ」、「命を捨ててトキ救出を助けて死んだライガとフウガ」が「ヒョウを貫いた罪を贖わんとするも生き存えたシャチ」という工合に、「カサンドラ篇」とも裏返しになっている。
 このことから、儂は「修羅の国」とは結局大規模な「カサンドラ」だったのではないか、大型の「カサンドラ」がジャギもアミバもサウザーをも内包する恰好で成立する世界が「修羅の国」だったのではないか、或いは「修羅の国」は『北斗の拳』の世界観そのものが「カサンドラ」を中心に反転した『裏北斗の拳』のお話だったのではないか、などと考えるのだが、これについては後でまた詳しく論証するとしよう。

続き

theology01-04-25.jpgtheology01-04-25-2.jpgtheology01-04-25-3.jpg
  • 序:赤鯱とシャチの望み
  • 破:羅聖殿の妖気
  • 急:ケンシロウの強さ

 序破急の三枚は明らかにケンシロウがカイオウと闘い勝つ為の下準備として本篇があることを示している。
 先づケンシロウは「赤鯱や/おまえはオレに/何を望む?」「このオレの体/自分の体と/思って言ってくれ」とシャチに問い、シャチは「わ…われら父子の/望みはひとつ!!/あんたの望みと/同じくカイオウの/命!」「そのほかには/ない!!」と答え、ケンシロウは「わかった!!」と受けて(JC:22:030)、「見届けるがいい/このオレの/戦いを!!」(JC:22:031)と宣うた。つまりこの時点でまだヒョウが居るにもかかわらず、ケンシロウは今から「カイオウを殺す」と云うているのだ。だからその直後に襲ってきたギョウコに対し「オレは今日まで/きさまらは/降りかかる火の粉だと/思って払ってきた」「だが……/これからはちがう」「カイオウに与する者は/このオレ自ら戦い/ほうむってやる!!」(JC:22:043-044)と決意表明したのだが、ナガトの村に立寄りナガトの子ヨンの死を看取ると「ヒョウ!!」と眼光を鋭く尖らせて、シャチは「ま…待て!/ケ…ケン/どうしても/ヒョウと…/戦う気か!!」と狼狽えている(JC:22:063)。即ち「カイオウを殺す」為にケンシロウはカイオウの前にヒョウと戦うことをごく当然のことと考えていたわけだ。そのことを判っているからシャチも「どうしても」と附けた。
 次いでヒョウは奴隷を使うて沼に沈む羅聖殿を復旧させる。「羅聖殿は/北斗琉拳/発祥の聖地!!」(JC:22:071)だが、読めば判る通りこの羅聖殿にはそう大した意味はない。兄弟対決が盛上がる決闘場に過ぎない。然しこの復旧作業には意味がある。ヒョウが「カイオウに与する者は/このオレ自ら戦い/ほうむってやる!!」と宣言したケンシロウを「導いている」「おびきよせて/いる」(JC:22:071)為の作業であるから、この行為は「カイオウに与」しているわけだ。そのヒョウはカイオウと同じく魔界に入り、魔闘気を得た。ケンシロウにとっては「疑似カイオウ」とも呼ぶべき相手で、カイオウを斃す為の前座に丁度良い相手ということになる。
 そしてケンシロウは秘拳なしに魔闘気を打消し純粋な拳技でヒョウを圧倒する。殆ど相手にならない。この時点でケンシロウは既にカイオウを技術の上では攻略している。ヒョウの左頬を撲ち、「地獄へいくのは/きさまひとり!!/秘孔がつけぬなら/その体砕き割る!!」と凄んだ(JC:22:121)時点でケンシロウにとってのヒョウの役目は終った。
 だから「修羅の国決着篇」を具に読めば判るが、別にケンシロウは宗家の秘拳なんかなくともカイオウに勝てた。だから「北斗宗家の/拳こそ/神拳と琉拳の/源流の拳!!」「カイオウを/倒せるのは/その秘拳のみ!!」(JC:21:075)なんて全くジュウケイの勘違いである。少なくとも物語の筋を追うとジュウケイの発言だけが浮いている。ジュウケイの行動だけ筋が通らない。
 だがジュウケイの情報が間違っているとは言切れない。何故なら「天賦の才を/持つものが/生まれるのだ!!」「それが/まさに/ケンシロウだ!!」(JC:21:075)とジュウケイが言う通り、ケンシロウは天才児なのだ。要は凡人ジュウケイの予想を天才児ケンシロウが遙かに上回ったというだけで、「女人像の秘密が/カイオウ打倒の/切り札とされたのは/まさにその受け技の/伝授だったのだ!」(JC:24:041)というケンシロウの発言は、ジュウケイの情報が間違っていないであろうことを示している。「切り札とされたのは」が「オレは別になくても大丈夫だったけどね」という含意があるようにも読める。
 こう読むと、本篇はケンシロウの凄まじく怖ろしい才能を示す為のお話だったように見える。そして恐らく………武原堀三御大もそのように構成したのではなかろうか。

theology01-04-25-4.jpgtheology01-04-25-5.jpgtheology01-04-25-6.jpgtheology01-04-25-7.jpg
  • 起:ケンシロウ逃亡→ヒョウとシャチ→カイオウ決意→サヤカ殺害→ケンシロウ覚醒
  • 承:サヤカ葬送→ギョウコ暴走→ナガト別離→たとえ兄でも→羅聖殿へ
  • 転:従者黒夜叉→黒夜叉の秘拳→黒夜叉敗北→暗琉天破封じ→北斗の頂点の戦い
  • 結:カイオウの正体→ヒョウ覚醒→シャチ自決覚悟→カイオウの悪→兄弟再会

 本篇でのヒョウの役目は「疑似カイオウ」として「カイオウとの摸擬戦」に付合うことだ。その為にヒョウはサヤカをカイオウに殺され、ケンシロウが殺されたのだと嘘を吹込まれて、人が善いからこそ魔界に落ちる。このエピソードはヒョウを魔界に落す為の方便に過ぎないが、同時に同じような出来事がカイオウにもあったことを示し、また宗家の掟に母者を奪われた従者カイオウの宗家の嫡男ヒョウに対する復讐でもある。その為に我が妹を手に掛けるという辺り本当にカイオウは気違いじみているが、魔界に落ちていることでその狂気には説得力があるし、後にカイオウ自らが自傷行為で心を殺していることを明かしているので、このサヤカ殺害も自傷行為のひとつであろうと解釈出来る。「こ…このカイオウ/そしてラオウ/トキ!!」「この三兄弟は/拳において断じて/屑星などではない!!」(JC:23:179)や「この地に/残された」「ヒョウと/オレは!!」「やはり/弟たちに劣る/屑星だったと/いうかあ!!」(JC:24:052)などと急に家や弟を想うかのようなことを喚くカイオウの人格は、一見破綻しているようだが、狂人として見るとそれなりに筋が通っている。専門家でないので確かなことは云えないが、カイオウは幼少時の虐待によって罹患する類の人格障害……例えば境界性人格障碍、自己愛性人格障碍、反社会性人格障碍辺りではなかったか。とすると、矢張り虐待したジュウケイが悪い。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.