週刊コミックバンチ 2009 No.29

 ペットものって案外面白いのだけど、『おすわり。』は作者の気が優しいのか、可哀想な動物を描き切れてないなぁ。絵がツルンとしてて犬が可哀想に見えなかったよ。こういうのは、描くのは辛いけど、もっとエグくしないと、お話に説得力が籠らないよ。

『義風堂々!! 直江兼続 前田慶次 月語り』

 えぇーっ! 兼続つよっ! 兼続がこんだけ強いなら、あの佐渡のイロモノ武士はどれだけ強かったのか、それより強い慶次郎はどれだけ強いのか、それより強いカルロスはどれだけ強いのか、それと互角にやりあった与志郎は……、って、こりゃもう作品世界を繋げない方がいいよね。真っ新な気持ちで見よう、これは直江兼続のお話だ、慶次郎の家に捨丸居なかったし。
 それはそうと、三成の適度な弱さは良かったね。前回は強そうで、今回は明らかに弱い。そうそう、武士ってのは、基本的には強いんだよ、その前提があって、その中に序列がある。その中で三成の強さは下の方、というのがよい。勿論、史実の三成が弱かったとは思えないけどね。戦も下手じゃなかったし。
 あと謙信がもうすぐ死に行く人のように描かれていて良かった。もうすぐ死ぬんだよ、謙信。

『北斗の拳 レイ外伝 蒼黒の餓狼』

 この人やっぱり技の見せ方下手だなー、リンレイ様の技は下から描いた方が映えるよ、きっと。あとサウザーを横から描く奴があるか。これも下からあおれ。それとサウザー語りは一齣で済ませろ。ページ跨ぐ奴があるか。あとロフウの攻撃が効き過ぎ。レイが馬鹿に見える。それに食らいすぎ。前回の目覚めはなんだったのか。なんか腹立ってきた。
 最後のユウ様いつもと顔が違うね。なんかユウ様のキャラクタも嫌だなぁ。出しゃばりめ。

Comment List

Contribute

  • コメントを入力して[Resist]を押してください。
Name
Mail
URL
Comment
Delete Key
Public
Resist Key
「numeri」と入力してください。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.