週刊コミックバンチ 2009 No.47

 巻来功士は原御大の元アシスタントで、多分ザコル(教会でマミヤを捕まえて骨を折ろうとする葉巻の人)の横にいた繃帯小男を描いているんだけど、どうもこの人、作家として古びちゃったなぁ。『ギルファー』『メタルK』『ゴッドサイダー』の頃は少年誌の見本みたいな感じで面白かったんだけど、『ゴッドサイダー セカンド』にしても『ニューカマー』にしても、もう絵で話を作れなくなってて、説明台詞がとても辛かった。『ミキストリII』も多分そうなる。絵の寸法が歪になるのも絵の老化なんだよね、気が老けると寸法が狂うんだよ。なんで原御大より若くてこんなに老けるんだろう。残念だなぁ。
 それはそうと名越康文は面白いなぁ。

『義風堂々!! 直江兼続 前田慶次 月語り』

 悪い話じゃないんだけど、直江信綱の話も欲しかったなぁ、なんかこのままじゃ都合良く死んじゃった邪魔者みたいだもんな。

『伊達の鬼 軍師片倉小十郎』

 なーんか、オジサンたちが若者たちに協力的すぎてリアリティがないなぁ、まだ実がないのに誉めてるだけに見えて入り込めない。『NARUTO』の「大した奴だ」のような。

 今週は『裁判長! ここは懲役4年でどうですか』と『コンシェルジュ』がなけりゃ読むのが辛い号だったな。

Comment List

Contribute

  • コメントを入力して[Resist]を押してください。
Name
Mail
URL
Comment
Delete Key
Public
Resist Key
「numeri」と入力してください。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.