女戦士マミヤ

77-1.jpg

 いつ頃書いた絵なのやら、記録しなかったので最早判らないのだが、確か1998年の末頃か1999年の初め頃の作だと思う。「あの時ああだったらな…」と夢想して描いたマミヤ。
 儂は『北斗の拳』に登場する女性人物の中では特にマミヤを好いているし、全登場人物中でも可成り好きな方である。武御大の女性観故か、今一つ小さく纏まった感はあるが、それでも派手な容貌と繊細な人柄の差異に独特の愛らしさがある。
 確か気紛れにペラッと描いた所為だろうか、顔の造形は今(2008年八月)見てもなかなか巧く出来たが、頭を大きくしすぎ、マミヤの特徴である太股をもっと強調して描かねばならなかったが、当時の儂には意識がなかったようだ。

Comment List

Contribute

  • コメントを入力して[Resist]を押してください。
Name
Mail
URL
Comment
Delete Key
Public
Resist Key
「numeri」と入力してください。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.