俳優の北斗学さんとは関係ないわ!

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
北斗学
- Hokutorogy -

 『北斗の拳』のテキスト論的解読を行っています。


三十一篇全比較 11.裏切りのユダ篇 073-082話(全10話)

 このお話は怪我を負うたケンシロウとラオウ様を休ませ、代りにレイの退場を華々しく飾った最後の十話だ。レイはNo.2キャラクタとしては別段突出した特徴はなく、まぁ云ってしまえば凡庸なNo.2キャラクタであるが、このひたすら辛く悲しい別離があるからこそレイは『北斗の拳』で最も心に残る印象深いNo.2キャラクタになれたのだと思う。この単純で情熱的な気性も、こうやって死んだから煩くなく美しい想い出として振返ることが出来る。もしこれで生残っていたらきっとヤムチャ化しただろうからなぁ…。
 ケンシロウにとってもレイは特別な存在だった。ケンシロウが「強敵」と呼ぶ者は殆どが敵で、味方であってもトキやシュウは年長、バットやアインは拳力で頼りに出来ず、いずれも対等の「友人」ではなかった。だがレイだけは、殺されたコウの復讐の為ケマダを殺した夜明けには雑談しながら水を呑み、マミヤをセミヌードにしてケープを被せたレイの心を斟酌し、戦癰で動きを封じられた時には殺人鬼トキの正体がアミバであると教わって助けられ、拳王侵攻隊が西に向うていると知れば先づはレイに任せるなど、お互い腹を割って話合い、力を信じ助け合うことが出来た対等の友人であった。多分生涯通じてもケンシロウには「友人」と呼べる者はレイしかいなかった。だからだろう、ラオウ様の時、カイオウの時、ユリアの墓前でマミヤに語る時、レイは強敵の遺影の中で最もケンシロウに近い好い位置に描かれていた。

三十一篇全比較 11.裏切りのユダ篇 073-082話(全10話) ......の続きを読む

三十一篇全比較 10.拳王様御出馬篇 061-072話(全12話)

メモ*1

 拳王様がいよいよ御出馬なされる全十二話の一篇。これ以降が世間一般の『北斗の拳』だろう。『北斗の拳』と云えば拳王様!ラオウ様!である。
 連載当時は随分気を揉んで読んだものだ。アミバを斃すくらい迄は毎週安心して読めたのに、ウイグル獄長のネタフリが幼い儂には余程効いたらしい。蒙古覇極道以降ケンシロウの勝利を信じられぬようになり、どうなるんだ、どうなるんだと毎週気が気でなかった。そして読み進めれば、レイが敗れ、ケンシロウも圧倒されている。最後の最後でやっとトキの秘孔縛を破って引分けたが、ラオウ様はレイ→ケンシロウ→トキ→ケンシロウと三人相手に四連戦した後だった。次にケンシロウが一対一で戦うて、ラオウ様に勝つ保証はない。またウイグル獄長に続いてラオウ様も頗る恰好良い。如何にもケンシロウより強そうで、気付けばラオウ様が大のお気に入りになっていた。この頃は発売日までの一週間がえらく長かったなぁ。

三十一篇全比較 10.拳王様御出馬篇 061-072話(全12話) ......の続きを読む

aside

*1
2007,03/14.修正

三十一篇全比較 09.カサンドラ篇 052-060話(全09話)

 ウイグル獄長の格好良さが解らない奴は男じゃないと思う。近頃はどうだか知らないが、web北斗界を全て見渡せた二十世紀末、北斗istの間では北斗南斗元斗以外の敵ではウイグルが最強、という説が支配的であった。儂は敢てザク様を推す者であるが、確認出来る限りでは矢張りウイグルというしかない。ケンシロウの敵でない者を見渡しても、リュウガやアサムだとウイグルの方が強そうだ。北斗でもジャギくらいなら勝てようし、南斗でもユダ辺りと充分やり合える。
 どう見たってウイグル獄長は強い。ウイグルはシンがユリアを奪うて以来初めて自らの拳力でケンシロウを追詰めた敵だ。曾てハートの平手打ちで白目を剥いたことがあるケンシロウだが、あの時は気絶まではしなかった。然し蒙古覇極道を喰ろうた時は数瞬といえど完全に気絶していた。落ちたのが墓地でなければ、ウイグルが油断せねば、ウイグルがその気であれば、あの時ケンシロウは死んでいたに違いない。畏るべし、ウイグル獄長。
 そんな恰好良いウイグル獄長が大活躍する全九話。

三十一篇全比較 09.カサンドラ篇 052-060話(全09話) ......の続きを読む

三十一篇全比較 08.堕ちた天使篇 045-051話(全07話)

 二百四十五話ある『北斗の拳』の中でアミバは僅か七話しか出てこない。にも関わらずアミバは『北斗の拳』の全登場人物の中でも特に擢んでて知られているとされる。
 勿論ケンシロウやラオウ様に比べれば知名度は落ちるだろう。女の子に聞けばよい。ケンシロウは結構な確率で知っているだろうし、ラオウ様も知っているかも知れない。だがアミバは流石に判らないことが多かろう。だが『北斗の拳』を読んだことがある者なら大概はアミバのことを憶えている筈だ。ハンやヒョウを忘れてもアミバのことは憶えていると思う。それだけインパクトがあるキャラクタなのだ。
 本篇はそんなアミバが敵役として大活躍する全七話だ。これだけしか出てこないのだから、アミバのインパクトは尋常ではない。

三十一篇全比較 08.堕ちた天使篇 045-051話(全07話) ......の続きを読む

三十一篇全比較 07.ジャギ篇 038-044話(全07話)

 『北斗の拳』を象徴する二大悪党の一、ジャギが登場し大活躍し果てる全七話のエピソードだ。
 これは印象に基づいた不確かなイメージに過ぎないが、ジャンプ連載時の『北斗の拳』をリアルタイムで知っている者の感覚としては、この辺りで『北斗の拳』は本格的に人気が出始めたように思う。レイが登場した頃に皆が読み始め、ジャギが登場した頃に認知されたような印象だ。このくらいからジャンプの表紙になることも増えたような記憶がある。確認出来る人は確認して欲しい。

三十一篇全比較 07.ジャギ篇 038-044話(全07話) ......の続きを読む

三十一篇全比較 06.牙一族篇 026-037話(全12話)

 『北斗の拳』のNo.2キャラ、ケンシロウの相棒と云えば誰であろう、そう質問されたなら、恐らく最も多くの人が名を挙げるであろうキャラクタ「レイ」と、読者にとって最も馴染み深く、セクシーな女性キャラクタ「マミヤ」が登場するエピソードである。全十二話、この十二話はレイとマミヤの為の十二話で、ケンシロウのことは殆ど描かれていない。

三十一篇全比較 06.牙一族篇 026-037話(全12話) ......の続きを読む

三十一篇全比較 05.ジャッカル篇 017-025話(全09話)

 「GOLAN篇」がリンのキャラクタを決定するエピソードであったのに対し、本篇はバットのキャラクタを決定するエピソードであった。構成は全九話。KING篇、GOLAN篇より少し長い。その分だけ描写が入念で、提起する問題は多い。本篇は『北斗の拳』全篇の中でも特に重要である。

三十一篇全比較 05.ジャッカル篇 017-025話(全09話) ......の続きを読む

三十一篇全比較 04.GOLAN篇 011-016話(全06話)

 リンが再登場しケンシロウの旅に従うようになるエピソードを描いた全六話を「GOLAN篇」とした。
 ケンシロウの旅の拠点といえばマミヤの村の印象が強いが、ケンシロウ最初の拠点は本篇で登場する「Jony BAR 109」であった。原作中で呼ばれたことがなかったこの店の主の名はテレビアニメ版で「ジョニー」と設定されている。勿論屋号に因むのだろう。「109」がもし所謂"マルキュー"であるとすると、このオアシスは渋谷かも知れない。
 ジョニーはなかなか味のある好人物で、このジョニーとの掛合いの中でこれまで張り詰め過ぎていたケンシロウに少し茶目っ気が生じたように見える。これは意外と重要なことかも知れない。

三十一篇全比較 04.GOLAN篇 011-016話(全06話) ......の続きを読む

三十一篇全比較 03.KING篇 004-010話(全07話)

 『北斗の拳』最初の山場であり『北斗の拳』を象徴する一篇と云えよう。婚約者ユリアを奪った因縁の巨敵シンとの再開、死闘、離別、これこそが『北斗の拳』だ。この七話に『北斗の拳』の全てが詰っていると云える。あのラオウ様とケンシロウの激闘も、先づケンシロウとシンの闘いがあって、ラオウ様とケンシロウなのだ。

三十一篇全比較 03.KING篇 004-010話(全07話) ......の続きを読む

三十一篇全比較 02.ミスミ篇 002-003話(全02話)

 編集者堀江信彦御大が重視し、原作者武論尊御大に何度もリテイクしたという曰く付きの第二話と第三話である。第一話が物語の外面を示すものであるなら、この第二話と第三話は物語の内面を示すもので、この第二話・第三話が成功しているからこそ『北斗の拳』は五年に及ぶ長期連載に堪えられたと云える。

三十一篇全比較 02.ミスミ篇 002-003話(全02話) ......の続きを読む

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.