こんな何者だかわからない人の
感想なんてどうでもいいわ!

北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園
才兵衛の感想
- Impression -

 当サイトの制作者愛忍者才兵衛が『北斗の拳』『蒼天の拳』関連商品に抱いた感想や思い出話を公開しています。勿論ネタバレあります。


週刊コミックバンチ 2009 No.4・5

『北斗の拳 ジャギ外伝 極悪ノ華』

 リュウケンが酷い。いや、今日に始まった話じゃないけど、これはリュウケンが悪い。ジャギが歪んだのはリュウケンの所為だ。
 『修羅の国』の掲示板で「絵が汚い」とか「矛楯が」などと気にしておられる人が居たが、この人の絵は汚いんじゃなくて個性が強いだけ、あれは矛楯じゃなくて情緒的なだけなんだが、これって、理解しにくいことなのかね。この人は漫画にすぐ情念が籠るんだよ。それがあの描線であり、あの展開であり、あの情景なんだ。アーティスティックなんですよ。『リュウケン外伝』には「最後の晩餐」を摸した齣もあった。ヒロモトさんは意識してやっている。
 だから『リュウケン外伝』にしても、まさかリュウケンがダ・ヴィンチに倣った食卓を用意したなんてことを描きたかったわけではなく、「およそこういうこと」として読んでおけばいいのであって、細々と時系列や小道具を気にするのは野暮ってもので、だから『リュウケン外伝』でケンシロウが助けた子供にしろ、今回ジャギが助けた犬にしろ、あれでいいんだ。あの犬、凄いよね? あれはああいう犬が居たということを描いているわけではなくて、作品の中での犬の位置付けを示している描写、『北斗の拳 ジャギ外伝 極悪ノ華』に於ける「犬」って存在は、意思の疎通を拒否する何も考えていない生き物なんだ。
 ケンシロウの年格好なんかも原作と違うているが、ジャギにとっては、ラオウ様にしても、トキにしても、ケンシロウにしても、ああいう存在だった、ということを示しているわけで、これも年格好や状況を細々と検証するのは野暮、気にしてはいけない。

 しかしあの犬凄いよね。

『DD北斗の拳』

 毎回どう判断していいか困るのだけど、ま、可愛いわな。

『蒼天の拳』

 アニメ版ラオウ様だーっ!! というかシンなんだけどね。
 足場がなくても雷暴神脚が出来る不思議はさておき、もう一山あるかも知れないヒキ、そして此処まで育てた劉宗武先生のキャラクタを堀江御大と原御大が殺せるだろうか…という懸念、いつの間にか劉宗武先生を愛してしもうている手前の気持ち、などなど、もうヤサカなんてどうでもよくなってきた。劉宗武先生! 生きて!

『義風堂々!! 直江兼続 前田慶次 月語り』

 読んでる最中、織田信長と丹羽長秀を取り違えてしもうた。もう少し明確に描き分けた方が良かったんでないかな。丹羽長秀を肖像画に似せた方がよかったと思うよ。

テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十二話

 レイナの甲冑、やっぱりデザインが佳いなぁ。スターウォーズっぽくもあるけど。

テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十二話 ......の続きを読む

週刊コミックバンチ 2009 No.3

 まさかジャギ外伝とは予想出来なかったぜ。

週刊コミックバンチ 2009 No.3 ......の続きを読む

テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十一話

 軍記物として標準的なレベルにあるお話かな。サクヤが疑われて投獄されるのも妥当な展開、拳王様が器量を発揮して不問に処すことも考えられないではないが、ああいうのは軽々しくやると拳王様が馬鹿に見えそうなので、沈黙は金、拳王様が黙っておられた方が穏当だっただろう。
 袋を託して云々、というのは、サクヤを賢そうに見せることには成功しているが、ソウガが軽率に見え、またサクヤが何を目的にして計を託したのかが不明瞭、但し前もって「愛故に」とか申しているので、女故の意地悪かな、投獄された腹癒せに少しお茶目しちゃいました、といった感じに見えた。

テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十一話 ......の続きを読む

テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第十話

 今回は良かったんじゃないか。しっかり面白かったよ。シナリオ的にもすっきり見易いしね。リュウガがヘボかったのも本伝通りで嬉しい。ま、サクヤ、どうせ敵じゃないんだろうけどね。
 サウザーは我ら拳王様信徒をワクワクさせるキャラクタだ。来週いよいよ出てくる。嬉しいねぇ。拳王様とあらゆる面で対等のキャラクタはサウザーだけだもの。ケンシロウもトキもジュウザも君主じゃないし、カイオウはコソコソしている。正面からラオウ様と張り合えるキャラクタは、サウザーしかいないのだ。

 矢張りね、儂は思うのよ、北斗ゲーは光栄が出すべきなんだ、『三國志』や『信長の野望』『項劉記』みたいなスタイルでさ、君主としてラオウ様やサウザーを使うんだよ、格ゲーじゃないって、北斗の本質は。別にケンシロウでプレイしたいと思わないもん。

週刊コミックバンチ 2009 No.1・2

『義風堂々!! 直江兼続 前田慶次 月語り』

 イケナイ! 模写をすると原画と比べられるよ! 貴方はちゃんと自分の絵が描けるキャリアのある漫画家さんなんだから、模写なんかしちゃイケナイ!

週刊コミックバンチ 2009 No.1・2 ......の続きを読む

テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第九話

 今回は原作とエピソードの順序を変えているアニメのプロットを調整する回だったと云えようか。

テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第九話 ......の続きを読む

週刊コミックバンチ 2008 No.52

 うっかりアニメ覇王の第八話見逃したなぁ。ケーブルで見ようっと。

週刊コミックバンチ 2008 No.52 ......の続きを読む

週刊コミックバンチ 2008 No.51

『義風堂々!! 直江兼続 前田慶次 月語り』

 やや理屈っぽいながらちゃんと第二話してて面白く読める。
 でもこの人女体を立体的に描くのは苦手なんじゃないかなぁ。全ての場面で女人の首の位置が変なんだ。男の首はちゃんと描けてるのになぁ。
 まぁ、確かに女人の首って難しいんだけどね。正確に描くと太く見えたり顎が前に出すぎたりするから、ついああいう描き方をしてしまう。北条司みたいに正しく描いても太く思わせない描き方もあるんだが、難しいもんなぁ。

『北斗の拳 トキ外伝 銀の聖者』

 原作で同じ場面がある以上、矢張り内面を掘下げる以外に書加えることはないのだが、ほんとながてさんは巧いなー、信長に火縄吸わせてた人だとは思えん。
 あと、近頃ながてさん筋肉の描写が巧くなってきている。近頃のラオウ様は本当に強そうだ。意外と大胸筋を小さく描くと全体が映えるんだけど、最初の頃は大胸筋ばかり大きく描いていたから、胸張ってる見たいにしか見えなくて、弱そうに見えたんだよ。でもこの頃は程良く大胸筋を小さく描くようになってきて、背中の厚みが増してきた。背中を分厚く描いた方が強そうに見えるんですよ。原御大のキャラは物凄く背中が分厚い。

テレビアニメ『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』第七話

 どうしてもソウガとレイナの器が小さく見えるなぁ。原作ではいいキャラだったのに、サクヤの所為でバランスが崩れてるような。
 あとラオウ様VSリュウガの件とジュウザの件は要らなかったなぁ。いや、お話としては要るんだけど、エピソードとしてのまとまりが悪いんだ。それと、卵を偸んだジュウザの登場のさせ方がダサかったなぁ。もっと素敵なカットがあったと思うのだが…。

CopyRight(C) 1998-2011 「北斗の拳 蒼天の拳 DFS 北斗の庭園」 All right reserved.